2005年03月29日

汽車のえほん新装版

汽車のえほん新装版
2005年3月 ポプラ社新刊だよりより

トーマス60周年の特別企画として、ポプラ社より日本語訳「汽車のえほん」が新装されて発売されてます。

すでに1巻から4巻まで発売中で、以降15巻までが順次発売予定だそうです。(15巻は2006年1月の予定。)
でも、15巻以降はないのでしょうか、ポプラ社さん??

posted by こども局長 at 23:57| Comment(2) | TrackBack(0) | 機関車トーマスについて | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

サンハヤトの接点復活剤

サンハヤトの接点復活剤
サンハヤト(Sunhayato)の接点復活剤
ポリコールジェット(Poly-Coljet)

(に)さんにお借りした接点復活剤でパワーパック(模型のコントローラ)蘇りました。

可変抵抗器の蓋を開けて、針先に付けた復活剤を慎重にすり板に塗布。たったこれだけで嘘のようにスムーズに電圧供給できるようになりました。すばらしいっっ!
(に)さんありがとうございました。でもこれ模型用とするなら一生使える量ですね。

posted by こども局長 at 23:53| Comment(2) | TrackBack(0) | その他模型について | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2005年03月27日

絵本原画展に行きました

行ってきました、きかんしゃトーマス絵本原画展!

原画展の戦利品

原画って思ったより小さかったです(大阪の原画展にも行ったのですが記憶なし)。 目録と「More About Thomas the Tank Engine」を購入しました。
これまで4人の画家が汽車のえほんを描いてますが、個人的にはジョン・T・ケニーとガンバー&ピーター・エドワーズの画風が好きです。

原画展図録より
C・レジナルド・ダルビー(C. Reginald Dallby)
人気の汽車のえほん1〜11巻まで担当。明るい色調で子供の頃のトーマスの記憶といえばダルビーの絵です。時々明らかにパースが狂ってますが、、、
C・レジナルド・ダルビー
C・レジナルド・ダルビーのトーマス

ジョン・T・ケニー(John T. Kenney)
ダルビーと比べると若干暗めの画風ですが、ソドー島の空は案外こんな感じかもしれません。機関車も丁寧に描かれてます。
ジョン・T・ケニー
ジョン・T・ケニーのトーマス

ガンバー&ピーター・エドワーズ(Gunvor & Peter Edwards)
これまでの作風とは違って、機関車の顔も含めかなり写実的に描かれてます。絵本的のどかさは薄れたかもしれませんが、結構リアル顔好きです。
ガンバー&ピーター・エドワーズ
ガンバー&ピーター・エドワーズのトーマス

クライブ・スポング(Clive Spong)
日本語版未発売の27巻から担当してます。画風はダルビーとケニーを参考にしてますが、機関車の顔はちょっと暗めのグレーで、眉毛が結構太くゲジ眉です。
クライブ・スポング
クライブ・スポングのトーマス

posted by こども局長 at 22:52| Comment(6) | TrackBack(0) | 機関車トーマスについて | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

気になるブログとサイト2

気になるブログとサイトリストを追加しました。

The Real Lives of Thomas the Tank Engine
えほんに出てくる機関車や客車・車など、モデルになった原型について詳しく解説があります。
Martin, thank you for your kind reply!

posted by こども局長 at 22:50| Comment(0) | TrackBack(0) | ブログやネットについて | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2005年03月26日

気になるブログとサイト

気になるブログとサイトリストを追加しました。

機関車技術研究会
学生の頃、スタニア(Sir William Arthur Stanier)グレズリー(Sir Herbert Nigel Gresley)の比較レポートを書く際に「近代英国蒸機の系譜」を入手したのがきっかけです。
所長さん、リンクの快諾ありがとうございます。

世界のLOCOに魅せられて
O gauge作品に掲載のLNER HUSH-HUSHすごいです。

こうやま の ほをむぺゐぢ
きかんしゃトーマス & 汽車のえほん 博物館
とても詳しい原作と人形劇の解説があります。

貨物列車で行こう!
「汽車のえほん」ファンページ
ドナルドとダグラスについて詳しい解説があります。この2台いい味出してます。

ポンとチョチー
にゃんこの部下さんのひそやかな楽しみブログ

自然の面影
niさんの株都町と四季の景色

僕がブログを始めたきっかけは単純で、趣味のない日々の生活を何とかしようと思ったからです。 何もすることのない土日なんてヤフオクとネットサーフィンで終ってしまいます。。。
そんな折にDRINKIN' CHAというブログを見つけました。特に中国茶好きと言うわけではないのですが、記事の読みやすさと楽しさで「ブログ始めようっ」となりました。とはいえ元来日記や文章を書くのが苦手な者としては何かテーマがないと続きそうにありません。
で、トーマス作成をブログにしてしまったわけです。おかけで最近は模型も作って、ブログも書かなくてはならず大忙しになりました。
正しくは忙しいというより記事を書くのに時間が掛かるのです。良く言えば頭では考えてるけどそれを言語にするのが苦手→悪く言えば自己完結型で、書いては修正 読んでは書き直しです。いかに簡素で読みやすい文章を書くかって難しいです。乱文は訓練中と思ってお許し下さい。

posted by こども局長 at 22:52| Comment(0) | TrackBack(0) | ブログやネットについて | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2005年03月22日

DCC制御について

オリジナルパワーパック

昔、父に作ってもらったパワーパックです。電圧・電流計もついてて子供ながらに自慢のコントローラでした。
先日トーマスのモーターをチェックすべく久しぶりにつないでテストしてみたのですが、電圧がスムーズに可変しないことが判明。たぶん接触点であるスライダ(?)が原因ではないかとしみずさんに教えていただきました。その際、デジタル制御についても教えていただき家でいろいろ調べてみました。複数車両の同時制御に憧れはありましたが、以前デジタルだと速度調節が数段しかなく加減速がスムーズでないと何かの記事にあり、納得できないでいました。

調べてびっくり、かなりの種類があり、数段どころか128ステップ(でしたっけ)で制御できるそうです。ふうむ〜っ。世の中進んでます。
中でもカトー(KATO)からかなりのDCC用製品(カトーカスタムショップで詳しく紹介)が出ています。あれだけシリーズで発売されると便利そうです。
熊田貿易さん取扱いのLentz製のDCCもよさそうです。作成中のキットはOゲージですからデコーダ車載スペースには困りません。
急速に当トーマスのDCC化計画始動ですっ。あっ、となるとこれまでのパワーパックは必要なくなるのでしょうか。。。

posted by こども局長 at 23:57| Comment(2) | TrackBack(0) | その他模型について | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2005年03月19日

パーシー車両セット発売

パーシー車両セット
Tomix きかんしゃパーシー車両セット
価格:6300円

トミックス(Tomix)からパーシー車両セットがこの3月に発売予定だそうです。
トーマスとジェームス、ヘンリー、その他貨車などが発売されて暫く新製品がなかったので、もうトーマスシリーズは打切りになったと思ってました。
今回新たな試みとして顔が3種類付いてて取替え可能です。

posted by こども局長 at 22:36| Comment(2) | TrackBack(0) | 機関車トーマスについて | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2005年03月13日

Hornblockのハンダ付け

軸箱のハンダ付け

ハンダの工具を買うこと約2ヶ月、やっとHornblock(軸箱でしょうか)とシャーシをハンダ付しました。

実はシャーシへの固定方向をずっと勘違いしており、仮組みの際にも車輪がHornblockと干渉してスムーズに回転しないので加工修正が必要と思ってました。いろいろ修正方法を考えてる時にふと、取付け方向反対かも?と気づき、再仮組みすると案の定上手くいきます。説明書(というより1枚の紙切れ)の図説を見ると小さく、「シャーシの裏」と書いてあります。どこで勘違いしたかてっきりシャーシの外側から取付けるものと思ってました。。。。でもこれで問題解決です。
端材での試しもそこそこに、いよいよハンダ付です。思った以上に綺麗にハンダができ満足です。(ま、初心者ですから、、、)

高校時代一度だけ真鍮工作したことがありましたが、周りに詳しい人はいなく今考えるとあの時は一般電子工作用のヤニ入りハンダを使ったと思います。押入れを探したら当時のキットが出てきました。
その頃ナローにはまってたこともあり珊瑚模型の沼尻鉄道シボフです。ハンダ汚いです。(笑)

沼尻鉄道シボフ
posted by こども局長 at 23:55| Comment(2) | TrackBack(0) | トーマス製作 1:43.5 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2005年03月12日

大丸のトーマス絵本原画展

大丸のトーマス絵本原画展
「きかんしゃトーマス絵本原画展」
期 間 : 2005年3月23日(水)→4月4日(月)
場 所 : 大丸神戸店9階
入場料 : 大人800円

うかつにも今日知りました・・・大丸神戸のきかんしゃトーマス絵本原画展。

トーマスが誕生してから60周年だそうです。当然いきます!
でもグッズの衝動買いが心配です。

posted by こども局長 at 01:08| Comment(0) | TrackBack(0) | 機関車トーマスについて | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2005年03月10日

HTML編集が可能に

SeesaaでもHTML編集が可能になりました。

これで更にページレイアウトの自由度が増しました。とりわけコンテンツ(両サイドの最近の記事やリンク、カレンダーのところ)が変更できるのはいい。
さっそく最近の記事の日付をアレンジ。ほんとは日付不要と思ってたので消そうと思いましたが、、、もうしばらく残すことにしました。。
BlogClickもいろいろ試してみましたが、全く表示されません。 ??
アクセスが数少ないブログには広告入らないのでしょうかね(笑)
あ、でも、以前に比べて編集画面での反応が少し鈍くなったような気もします。

posted by こども局長 at 00:40| Comment(0) | TrackBack(0) | ブログやネットについて | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2005年03月08日

シャーシと動輪の仮組み

シャーシと動輪の仮組み

シャーシ切欠き完了したので、動輪高さのばらつき確認の為一度仮組みしてみました。

レール(PECO製は工具買出しの際、ジョーシン・スーパーキッズランド日本橋店でGetしました。だめもとで店員さんに聞いたら「Oゲージのレールもありますよ」とのこと。いやーそろそろ入手しなければと思っていたので大喜び。でもちょっとオーバースケールのように見えるのは気のせいでしょうか??
(仮組みも単にレールに乗せてみたかっただけ。。)

写真では少し分かりづらいですが、真中の動輪が浮いてます。Hornblockをシャーシにハンダしてから動輪の高さ出しをするつもりでしたが、それだと板バネが邪魔してHornblockが分解できないことが分かりました。そこでまず各Hornblockを仕上げることにし、動輪高さはその取り付け位置で調整することにします。

次回はいよいよハンダ付か!!

posted by こども局長 at 01:01| Comment(2) | TrackBack(0) | トーマス製作 1:43.5 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2005年03月07日

工作工具類の購入

購入した工具類

行ってきました日本橋!

まずはジョーシン・スーパーキッズランド日本橋店へ直行。HASEGAWAのエッチングニッパー、ミツトモ製作所のパイプカッター(いつ使うかわかりませんが、、)その他もろもろ購入。いやーおもちゃ屋さんて楽しい。

で、今回の主役糸鋸を探しに工具屋街へ。何件か見ましたが探してたタイプは1軒にしかありませんでした。ENGINEER製金工鋸TN-05は、長さ調整も可能で刃が短くなっても使えます。ついでに替刃も購入しましたが、真鍮にちょうどいい刃数のものは在庫が無く1段細目のTN-12を購入しました。
ついでに松尾製作所の38mmと63mmのアンビルバイス、小さな六角レンチも購入。でも帰って気づきましたが38mmのバイスは机が厚くて固定できませんでした。。。。何か別の固定方法を考えないといけません。

posted by こども局長 at 00:58| Comment(2) | TrackBack(0) | 工具・素材など | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2005年03月05日

Hornblock用シャーシ加工

加工中のシャーシ

ここのところ忙しくキット作成できてませんでしたが、トーマスDVDを見てやる気は十分です。(まだ4巻の途中です。。。)

Hornblockを組み込む為にシャーシに切欠きを入れました。真中は動力軸なので説明書通り固定にすることにします。
ボール盤のお陰でミシン目あけは簡単ですが、どうも「スマートな工作」ではないような気がします。真鍮工作技能試験なるものがあれば必須であろう糸鋸使いを習得しなければなりません。先日近くのコーナンに糸鋸を見に行ったのですが1種類しかなくやむなく購入を諦めました。希望は、刃をネジで固定するタイプで、長さ調整も出来るもの。かといって複雑になりすぎると重くなって扱いにくくなるので極力シンプルなものが欲しい。

万力もあると便利だろうと探しましたが、安く精度の悪そうなものばかりだったのでこれも諦めました。万力なんて壊れるものでもないし最初にちゃんとしたものを購入しようと思います。あと中サイズのヤスリや、直角用真鍮ブロック、トースカンも欲しい。もう完全道具マニアです。
明日時間があれば日本橋に買出しに行こうと思います。

posted by こども局長 at 23:58| Comment(4) | TrackBack(0) | トーマス製作 1:43.5 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2005年03月02日

1番ゲージのDuchess

アスターホビー社のDuchess

Aster Hobby社からプリンセス・コロネーションクラス(Princess Coronation)、通称ダッチェス(Duchess)が発売されると知りました。

うーん、欲しい!

ダッチェスは特に好きなLocoのひとつで、すこし長めの先台車とのびやかなボイラーの関係などは絶妙に均整のとれたプロポーションと思います。
でも1番ゲージのライブです。。。。値段もびっくりで、Kitでおよそ60万円。でもその精巧さを考えると当然でしょう。
LMSカラーは世界で250台の限定販売で再販は無し。←これでぐらぐらきましたが、何とか資金調達しても単なるディスプレイではかわいそうですし、走行させる機会がどれほどあるかを考えると残念ながら諦めざるを得ません。でも一度4気筒の音聞いてみたい。

本物は10年以上前に訪れたヨーク鉄道博物館で見た(はずです)。当時はマラード、グリーンアローは意識してましたがダッチェスは記憶にありません。売店のおばさんが発音する"Duchess of Hamilton"が真似できなかったのはよく覚えているのですが、、、

posted by こども局長 at 23:51| Comment(2) | TrackBack(0) | その他模型について | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする