2005年05月25日

DCCとサウンドデコーダ

ここのところ、工作もそこそこにDCC制御とサウンドについてネット調査中です。

DCCシステムはどのメーカを選ぶか迷うところで、正直コントローラの見た目から入ってます。。。

個人的にはMärklinのモバイルステーションに惹かれますが、ShimizuさんのThe World of Marklin HO (and N) railroad modelsによると、メルクリンDCC方式はその他メーカとの互換性が少なそうです。初めはKATOのD101が値段も手頃で初心者でも始めやすいかと思っていましたが、師匠さん紹介のMRCのProdigy Advance Systemのコントローラも捨てがたい。。。

DCCは少し前から我がトーマスにも組み込む予定でしたが(予定だけ)、サウンドについては考えてもいませんでした。
師匠さんの「いちどやったらやめれなくなります」にすっかりその気になって、探してみるとたくさん記事あります。中には動画をupしているサイトもありました。

■気になるサウンド付きロコ■
るうくの鉄道模型ページ掲載
ROCO製 KBayStsB S3/6−僕もS3/6好きです。
The World of Marklin HO (and N) railroad models掲載
ROCO製 BR18 201
うむーっ、確かにサウンド付きいいです。

サウンドについてはDCC制御に比べると、パーツ的性格の為か探すのにも理解するのにも一苦労です。主に欧米車の音が主流で国内ではあまり普及してないせいでしょうか、、、なかにはKEMサウンドシステムという国内メーカもあります。
うちも対岸の火事ではなく、トーマスのような英国小型タンクサウンドもほとんどなくSoundtraxx社British L-1 Class Tankくらいしか発見できてません。しかもスピーカってサウンドデコーダに付属の場合と自己調達があるようで、そもそもコンデンサーって何?、のレベルですからサウンド化の道は遠そうです。

やっぱり床に顔押しつけて、「くち」でサウンド再現ですかね、しみずさん。

posted by こども局長 at 01:51| Comment(10) | TrackBack(1) | その他模型について | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2005年05月22日

側梁の作り直し2

New側梁

0.6mmの真鍮板から作り直した側梁をハンダ付けしました。

先に仕上げた側梁を思った位置にハンダ付けする自信はまだないので、まず上面だけ台枠形状に合わせて仕上げ、ハンダした後下面を仕上げました。とはいえ、左右の形状は厳密に測ったわけではなく「らしさ」で仕上げてます。どうせ左右同時に見ることはありませんし。。。( ̄∇ ̄〃)
苦労して作り直した甲斐あってなんとかまともな台枠になりました。原型E2とトーマスの大きな違いのひとつは台枠の形状ですが、トーマスのそれは前だけが一段下がっていて、後ろはまっすぐのままです。対するE2は前後とも一段下がりです。

耐熱フィンガー

先週マッハ模型さんで素材を購入した際につい買ってしまった「耐熱フィンガー」です。
これまではドライバやらなんやらで部品を押さえたりしてましたが、やっぱり手に勝るものはありません。厚みがあるので「指先の感覚」とまではいきませんがなかなか優れものです。でも安心しきって何度か手のひらに真鍮があたり熱い思いをしました。

posted by こども局長 at 23:54| Comment(0) | TrackBack(0) | トーマス製作 1:43.5 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2005年05月19日

側梁の作り直し

部品切出し

キットに含まれていた側梁を勇んでハンダ付けしたのものの、やっぱり小さすぎて作り直すことに。

原型であるE2の写真を見てももう少し厚みがあり、もっと側寄りまできてます。これが台枠なので当然と言えば当然ですが、キットのけがき位置通りに作るとだいぶ奥に入り込んでしまいます。TV版トーマスの車体幅は思った以上に狭そうなので側梁の位置はこのままで厚みを増やし、車体幅を少し詰めることにします。
糸鋸にも少しずつ慣れてきました。

posted by こども局長 at 01:40| Comment(2) | TrackBack(0) | トーマス製作 1:43.5 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2005年05月18日

気になるブログとサイト3

気になるブログとサイトリストを追加しました。

男の模型しゅみ
スクラッチビルドの組立てを多数の写真でを紹介してあり、製作工程がよく分かります。頻繁な更新も見習わなければっ。

posted by こども局長 at 02:08| Comment(2) | TrackBack(0) | ブログやネットについて | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2005年05月13日

原作トーマスの巻数

40巻 New Little Engine
タイトル:New Little Engine (The Railway Series No.40)
著者:Christopher Awdry、イラスト:Clive Spong

前回地図の記事で汽車のえほん「全37巻」と書きましたがThe Real Lives of Thomas the Tank Engineによると、どうも40巻までは出版されているようです。地図が作られた1992年はまだ37巻までしかなかったということでしょうか。
以下、26巻 わんぱく機関車(英語版タイトル:Tramway Engines-1972)以降のタイトルと発刊年です。

  • 27. Really Useful Engines (1983)
  • 28. James and the Diesel Engines (1984)
  • 29. Great Little Engines (1985)
  • 30. More About Thomas the Tank Engine (1986)
  • 31. Gordon the High-Speed Engine (1987)
  • 32. Toby, Trucks and Trouble (1988)
  • 33. Thomas and the Twins (1989)
  • 34. Jock the New Engine (1990)
  • 35. Thomas and the Great Railway Show (1991)
  • 36. Thomas Comes Home (1992)
  • 37. Henry and the Express (1993)
  • 38. Wilbert the Forest Engine (1994)
  • 39. Thomas and the Fat Controller's Engines (1995)
  • 40. New Little Engine (1996)
40巻以降の有無は継続調査することにします。

posted by こども局長 at 00:44| Comment(6) | TrackBack(1) | 機関車トーマスについて | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2005年05月10日

ソドー島の地図

むかーし購入したソドー島の地図を発見しました。

ソドー島の地図

1992年/£2.99と書いてあります。地図の周りには全37巻(くどいようですが日本語版は26巻までしか発売されてません。。。)のストーリーに出てくる主な場所が、短い説明と共に地図上の番号から参照できるようになってます。
トーマスの支線は島の南西に位置し、本線分岐駅はKNAPFORDです。支線には全部で6駅あり、Knapford→ Dryaw→ Toryreck→ Elsbridge→ Hackenbeck→ Ffarquhar とあります。今回初めて気づきましたが、Knapfordの北隣り、Tidmouthに"Main sheds here"とありますので、よくTV版にも出てくる機関車達の車庫−扇形機関庫とターンテーブルはここにあるようです。

トーマスの支線
posted by こども局長 at 01:40| Comment(11) | TrackBack(0) | 機関車トーマスについて | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2005年05月05日

キサゲ作業

キサゲ作業

まずシャーシの加工を行いました。プラスチック部に接点が当たっていた集電装置の穴を補修し、モータと集電装置に干渉しない場所にスペーサを2つ追加しました。

次はいよいよ台枠(Footplate)にバッファビームと側梁をハンダです。幅が小さい上に長さのあるものを上手くハンダできるか心配でしたがなんとか完了。
ただ隙間を埋めたりと余分なハンダもあり、今回初めてカキ取キサゲを使ってみました。 これ便利です。キサゲ刷毛はあるのですがどうも時間がかかり過ぎ、これまでヤスリしか使ってませんでした。これだと粉で周りが汚れることもなくヤスリがけしにくい所も楽々です。最後にはヤスリ仕上げが必要ですが、かなり楽に作業できます。

シャーシと台枠の仮合せ

今日でとうとう連休終ってしまいました。。。しょんぼり。

posted by こども局長 at 20:51| Comment(0) | TrackBack(1) | トーマス製作 1:43.5 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2005年05月01日

トーマスプレッツェル

トーマスプレッツェル
Kabaya-カバヤ食品株式会社
きかんしゃトーマス チョコレートプレッツェル
25g 52円

正直言ってブログネタで買いました。<(_ _)>

気になったのは裏に4コマ劇場があるのですが、「トーマスだけのメダル」というタイトルで撮り下し(と言うのかな?)のような感じです。
ま、だからといって全種揃えるつもりはないのですが、他のストーリーも気になるところです。

2005年5月3日
追記:
新きかんしゃトーマス シリーズ4 第1巻に「トーマスだけのメダル」というタイトルを確認しました。まだ見てませんが。
プッチンプリンのウォレス&グルミットのように撮り下しかと思ったのですが、違うかもしれません。。。

posted by こども局長 at 01:58| Comment(0) | TrackBack(1) | 機関車トーマスについて | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする