2006年05月05日

ウェルテン王国のレイアウト

ウェルテン王国鉄道のレイアウト
ウェルテン王国鉄道
製作:畑川政勝氏
写真は掲載許可いただきました。畑川様ありがとうございます。

学生時代大変感動した模型レイアウトがいくつかあります。その1つが畑川政勝氏のウェルテン王国鉄道です。
先日ネットで偶然にも畑川氏のサイトを見つけました。リンクと写真掲載の許可を頂き早速リンクさせていただきました。

このレイアウトが掲載された鉄道模型趣味No515 1989年6月号今でも持ってます。氏の記事に影響を受けて『ドナウの旅人(著者:宮本輝)』も読みました。思えば僕の小型車両好きもこのレイアウトに影響を受けたようです。
畑川氏のレイアウトは空気というか色使いが絶妙で、そのディテールとユーモアには脱帽です。サイトに紹介中のウィーン・チロル鉄道も素晴らしい。
今はもっぱら真鍮工作を楽しんでますが、レイアウトへの夢は捨ててません。(学生時代に作りかけたNのレイアウトは集電不良の為挫折しました。) 氏のすごいところは走行性能も決して妥協しないところです。

posted by こども局長 at 00:22 | Comment(2) | TrackBack(1)
その他模型について

2006年05月04日

模型サイトのリンクを新設

「気になる模型サイト」のリンクを新設しました。

鉄道模型のある生活
学生時代に感動したウェルテン王国鉄道:畑川政勝氏のサイト。
リンクの快諾ありがとうございます。

posted by こども局長 at 23:46 | Comment(0) | TrackBack(0)
ブログやネットについて

原作トーマスえほん36巻

原作トーマスえほん36巻
タイトル:Thomas Comes Home (The Railway Series No.36)
著者:Christopher Awdry、イラスト:Clive Spong
Willam Heinemann Ltd

海外出張中にeBay UKで落札した原作えほんの第36巻です。
残りはあと
33巻 Thomas & the Twins (1989)
37巻 Henry & the Express (1993)
38巻 Wilbert the Forest Engine (1994)
39巻 Thomas & the Fat Controller's Engines (1995)
の4冊で全40巻揃います。
このChristopher Awdry作、Clive Spong絵の後半は当時あまり人気が無かったようです。その分発行部数も少なかったのか結構高い値段つきます。
他にも何冊か出品されてましたが自分がどれだけ持ってるか出張中でよく思い出せなかった為、入札見送りました。。。残念(#+_+)

posted by こども局長 at 00:59 | Comment(6) | TrackBack(0)
機関車トーマスについて