2007年03月05日

シャーシのディテール

まずは出来上がったキャブの後部窓をハンダ。

キャブ後部の窓 排障器の折り曲げ
早速自作こて先を60Wのこてで使用、グーです。
これまで大きなこて先しか知らなかったので、その小回りの良さに感激。Oゲージでもよほど大きなパーツでない限り「60W小回りハンダこて」で問題なさそうです。
次はシャーシのディテール部品に取り掛かります。最初は、、排障器(?てゆーのでしょうか、取説にはGuard Ironsて書いてます)を、シャーシと仮合せしながら必要な高さと張り出し具合に曲げ加工します。左右同じ曲げ位置にするのに一苦労。

シャーシの部品 シャーシの部品取り付け
部品が揃ったところでこれらをシャーシに取り付けます。排障器から始めましたが、またまた小さな部品をハンダするのに苦戦しました。ピンセットで部品を押さえつつこてでハンダを流し、ハンダが冷えて固まるまで動かず静止する←この最後の「静止する」が出来ません。。。たかだか数秒なんですがね。(-""-;)
ブレーキ部品取り付ける前に、失敗して開けた穴をハンダで埋めます。結構な数です(汗) 結局ブレーキは次回取付けることに。

posted by こども局長 at 01:30| Comment(3) | TrackBack(0) | トーマス製作 1:43.5 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする