2007年06月30日

郵便車の床下その3

引続きソドー郵便車の床下工作を。
ステップの仮合せ ついに車輪取り付け
各ドア下にはステップが付きますが、この穴あけをすっかり忘れてました。台枠内側にガイド穴ありますが、部品の時に穴を開けるべきでしたT_T 組んだ今となっては外側から目分量で開けないといけません。失敗失敗。。
車輪も取り付けました。真鍮工作に慣れると、プラと接着剤だけで強度大丈夫かちょっと不安になりますが、削ったり、カットしたりするのはプラ製の方が断然楽チンです。ちなみに プラ同士は流し込みタイプの接着剤、金属同士もしくは金属とプラには瞬間接着剤を使ってます。

ブレーキシューと変な板 床下のパイピング
車輪周りのブレーキ類も勢いに乗って取り付け。まずはブレーキシュー(Brake Shoes)を車輪と干渉しないように取り付け、ワイヤー類も取り付けました。この辺りの構造は全く分かりませんので説明書の図説だけがたよりです。ちょーど左右のブレーキシューをつなぐT字型のパーツがありますがこれほんまにこんな板なんかな〜。ちと変。。
ハンドル取り付け
ドアにあるハンドル3種も取り付け、なんか「らしく」なってきました。^^v

posted by こども局長 at 23:36 | Comment(0) | TrackBack(0)
ソドー郵便車の製作 1:43.5

2007年06月29日

山口の母子殺人事件

いつもはノーテンキこども局長ですが、、、以下乱文乱筆失礼。。。

あれ、なんすかね、新手のギャグなんでしょか?
あの弁護士団、どんだけぇ〜 ですわほんま。
死刑廃止論や精神異常なんて論外*ですわ、どーでもええんすよっ。
*ろん‐がい【論外】[名・形動]1 当面の議論に関係のないこと。議論の範囲外。 2 論じる価値もないこと。

遺族の8年は想像を絶する。

問題は何が起こったかです。
何の罪も無い2人が殺害されてんやでっ
死刑廃止論? 死刑では不十分で累積方式(←懲役200年とか)推進派ですか? 精神異常? 精神異常でも犯罪は犯罪です。
国民が安心して日々の生活を送り幸福を追求する権利を、くだらん主張と同じ土俵で議論するな。(ドラえもんを侮辱すんなっ)

僕は「死刑」でもなまぬるいと。

posted by こども局長 at 02:00 | Comment(0) | TrackBack(0)
その他

2007年06月28日

郵便車の床下その2

梁の追加パーツ 片側に車軸受けを
梁の追加パーツ?とゆーか梁をL字→コの字にするためのプラ板を追加します。(写真左:白い帯) これは何本か長い材料がキットに入ってて、必要な長さにカットして使います。
全部で6本分のプラ帯を追加し、説明書にあるよーに片側に車軸受け?(Axleguard)を固定。組み立てる前から気にはなってたんですが、結構ホイールベールが長くてちょっと間延びした感じが、、、
車軸周りの仮合せ
車軸板バネ周りのパーツを仮合せ。だって側面図はあっても詳細組立て図がないもんで・・・

posted by こども局長 at 01:59 | Comment(0) | TrackBack(0)
ソドー郵便車の製作 1:43.5

2007年06月27日

郵便車の壁立て+床下

前回のPECO製貨車もそーでしたが、この壁立てが一番難しいよーな。。
側壁の固定 妻壁の固定
まず側壁が床と直角になるように接着し、その後妻壁を立てました。妻は屋根を乗せた時に隙間ができないよう高さ調整して(裏の段をやすって)固定。
床下梁とシリンダーの位置変更
ひっくり返し床下の梁類を接着。若干の調整は必要でしたが、梁パーツの精度はまずまず。GUV(General Utility Vans←いわゆるなんでも荷物車ですかね)はバキュームシリンダー(Vacuum Cylinder)の位置がプラにモールドされてるPLVタイプと違うらしく、取説の図を見ながら位置変更〜。この辺りはどっちでもええんすけどね。

posted by こども局長 at 01:22 | Comment(0) | TrackBack(0)
ソドー郵便車の製作 1:43.5

2007年06月25日

スパチュラとヘラセット

スパチュラとヘラセット
昨日ヨドバシ梅田に行った際に購入した株)ミネシマのスパチュラとヘラセットです。大人的に6本まとめて購入〜(o´∀`o)
これ使ってトーマス顔を成形します。
↑いやツールまにあじゃないっすよ(汗)

posted by こども局長 at 23:50 | Comment(2) | TrackBack(0)
工具・素材など

2007年06月24日

郵便車のパーツ取付け

塗装の試しを進める間、郵便車の工作を。
仮合せして位置確認
Slater'sのキットは初めてです。取説の組立手順は上回りからですが、プラモのような組立て易さは無いですわ。。床板と側壁、妻壁をうまく位置決めしないと最後の屋根がきれいに合いません。で、まず仮合せして接着位置を確認しました。

通風口と表示板を接着 補強板を固定
側と妻に通風口(Vent)と表示板(Chalking Panelとあるので荷物の詳細なんかを書く場所かと)を流し込みタイプの接着剤で固定。
車端部にはエッチング材の補強板(Reinforcing Plate)を付けました。実はこれが表示板かと思ってたので右端にしか付けてません。補強板なら全隅にいるわな〜。。

posted by こども局長 at 00:56 | Comment(0) | TrackBack(0)
ソドー郵便車の製作 1:43.5

2007年06月23日

青色の試し塗装

ついに塗装する青色を決めましたたたた。
最初に作った方、でし。。。 よくあることですなー^^

青色の試し塗装
試験車体に塗装しました。これまでほとんど缶スプレーしか使ったことがなかったので、塗料の噴出し量を絞って入組んだところを丁寧に塗装できるのは素晴らしいっっ。塗装表面が荒れてるのは表面仕上げせずに塗装したからです(^^;

posted by こども局長 at 23:59 | Comment(0) | TrackBack(0)
工具・素材など

2007年06月22日

ソドー郵便車

次のターゲットは(トーマスまだ完成してませんが)、、、
パーシーやアニークララベルもありますが、、、、、
ソドー郵便車ですっ!(^▽^)ノ 使用するキットはSlater's製。
トーマスに出てくる郵便車
トーマスに出てくる郵便車を確認すると、ボギー車(4軸8輪)ですが、キットは4輪です。以前購入したTOMIX製郵便車が一番良くモデル化されてます。(ま、新型作ってるからとーぜんか)
TOMIX製品と今回のキット
キットは年代や貨車の種類にあわせてベンチレーションの位置などを変更でますが、極力TV版トーマスの郵便車を再現しようと思います。

posted by こども局長 at 01:29 | Comment(0) | TrackBack(0)
ソドー郵便車の製作 1:43.5

2007年06月18日

マッハ模型のピッカフェルト

マッハのピッカフェルト
マッハ模型の研磨用品、ピッカフェルト(←わっかりやすい名前っス)
解説には「金属・ガラス・陶器・メッキ面の曇りや汚れを取る表面研磨用材」「汚れたら洗剤で洗って何回でも消耗するまで使えます」とあります。小さなヤスリキズはこれで簡単に消えます。3次曲面(半球状のドーム部分とか)にはサンドペーパーより曲面への追随性が良くて便利です。

posted by こども局長 at 02:01 | Comment(2) | TrackBack(0)
工具・素材など

サフェーサに問題が。。

洗浄した試験体シボフの半分を、a)サフェーサのみb)シールプライマー後サフェーサを塗りました。
ざらざらになった表面
が、b) はサフェーサ塗ると表面がざらざらになるアクシデント。。。こんなん初めて見ましたわ。

下地のシールプライマーが原因なら大問題なので再実験。シンナーで車体の塗料を落とし再度シールプライマーを塗った後、サフェーサ噴きました。
再テストは問題なし
今度は問題なし。。。なんでか理由分かりません(-ω-;)?。失敗したのは噴き方が悪かったのか。。。ちょっと不安はありますがとにかくトーマスの下地は b) で決行することにっ。

posted by こども局長 at 01:52 | Comment(2) | TrackBack(0)
工具・素材など

ボディの表面仕上げ

錆のよーな。。
今日、ドーム付近に錆?のようなものを発見(゚ロ゚;) 洗浄後にちゃんと水分を拭き取らなかったせいか、あるいはドームとボイラの隙間に残ってたフラックスがしみ出てきたのかは不明。。 ヤスリできれいに落とし、ついでにボディもサンドペーパーで磨きました。
ぴかぴかトーマス
最後にマッハ模型のピッカフェルトで全体を磨き仕上げ〜。ピッカピカになりましたっ。これでもう一度様子見ます。

posted by こども局長 at 01:25 | Comment(0) | TrackBack(0)
トーマス製作 1:43.5

2007年06月17日

トーマスの鉛入り事件

商品の回収に関するお詫びとお願い →回収の案内記事へ
トーマス木製レールシリーズに使われている塗料から基準値を超えた鉛が発見され、発売元のソニーCP自主回収する事件ですが、よく気が付いたもんです。ともあれ商品は子供用なんだし十分気を付けるべきです。(←大人用でもだめですが)

でも、、、中国に限らずまだまだ鉛使ってるとこあると思うけど。。。 どーも最近話題になってる歯磨きや薬からの便乗ニュースのような気がしないでもない。製造元のアメリカの会社、自分で調べたんでしょーか。便乗であっても不適正が発見され是正されるに越したことはないけど。
作成中のトーマスも鉛入りハンダ使ってます。(←最近は手袋してます)

posted by こども局長 at 20:28 | Comment(0) | TrackBack(0)
機関車トーマスについて

新コーナー開設

「気になる画像」と題してこれまでの画像を何点か掲載することに。
時々画像入れ替えよーと思います。

posted by こども局長 at 02:12 | Comment(0) | TrackBack(0)
ブログやネットについて

2007年06月16日

再びトーマスの青色

再挑戦すべく調達した塗料
いまいち納得できなかった青色を再度調色するために新たに調達〜。
こんなけ青があったらなんとかなるでしょ(汗 右は青味調整やその他の塗装用。今回はスカイブルーを1本にし、もう少し青さを出すつもりで。
再度トーマスの青色
まぜまぜ。。。
前回と比較するとかなり青味を鮮やかに調整。さっそく塗装するも。。

新旧の青色比較
。。
。。。。
ちょ、ちょっと青味強すぎたかな。。。(´・ω・`)

明日、太陽光で確認しますすす。
色作るの難しいですわ。

posted by こども局長 at 00:46 | Comment(4) | TrackBack(0)
トーマス製作 1:43.5

2007年06月14日

きかんしゃトーマスの青色

そろそろきかんしゃトーマスの青色を調色することに。
用意した調色用塗料
以前ビン入り塗料を試しましたが、そのままだと明るすぎたため複数色から調色しました。使用色はスカイブルーを基本に、コバルトブルー、インディブルーなどで赤味を加えつつ濃くしながら、色味を整えるためにレッドブラウン、タイヤブラックを用意。
スカイブルー2本を新容器に入れ、ここから徐々に濃さを強くしていきました。少しずつ濃い青を入れて慎重に色味を見ながら作業しましたが、なかなか濃くなってくれません。続けるうちに結局コバルトもインディブルーも1本全部いれちゃいました(^^;)ホホホ これでもまだ十分の濃さではなくレッドブラウンとタイヤブラックでもう少し濃くしました。
まぜまぜ、、

がっ!! 手元の照明が暗かったのか調子に乗りすぎたのか、ビミョーに濁っちゃった気が、、、(゚m゚;)アワワ このままでは分かりにくいので試し塗装してみました。実際の手順通りグレーサフェーサーを下地に塗ってからエアブラシで塗装。。。
試し塗装したトーマスの青
う〜ん、微妙。。。(写真では色うまく再現でけません) 見え方によってはこんな感じかとも思うし、これにウォッシングで汚し塗装すると全体にトーンが下がって暗すぎるか、とも思うしぃ。。。
。。
。。。

いやーやっぱ濃すぎた気が、、、
もう一度作り直して比較検討しますわ。。。

posted by こども局長 at 00:19 | Comment(2) | TrackBack(0)
トーマス製作 1:43.5