2007年06月30日

郵便車の床下その3

引続きソドー郵便車の床下工作を。
ステップの仮合せ ついに車輪取り付け
各ドア下にはステップが付きますが、この穴あけをすっかり忘れてました。台枠内側にガイド穴ありますが、部品の時に穴を開けるべきでしたT_T 組んだ今となっては外側から目分量で開けないといけません。失敗失敗。。
車輪も取り付けました。真鍮工作に慣れると、プラと接着剤だけで強度大丈夫かちょっと不安になりますが、削ったり、カットしたりするのはプラ製の方が断然楽チンです。ちなみに プラ同士は流し込みタイプの接着剤、金属同士もしくは金属とプラには瞬間接着剤を使ってます。

ブレーキシューと変な板 床下のパイピング
車輪周りのブレーキ類も勢いに乗って取り付け。まずはブレーキシュー(Brake Shoes)を車輪と干渉しないように取り付け、ワイヤー類も取り付けました。この辺りの構造は全く分かりませんので説明書の図説だけがたよりです。ちょーど左右のブレーキシューをつなぐT字型のパーツがありますがこれほんまにこんな板なんかな〜。ちと変。。
ハンドル取り付け
ドアにあるハンドル3種も取り付け、なんか「らしく」なってきました。^^v

posted by こども局長 at 23:36| Comment(0) | TrackBack(0) | ソドー郵便車の製作 1:43.5 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする