2007年10月11日

スペンサーでDCCサウンド♪

スペンサーでDCCサウンドを試す♪ 思ってたほど空きスペースありません
トビーのDCC化を機にすっかり自信をつけ(?)、以前から気になってたものをテストすることにーっ。
そです、DCCサウンドっ♪ MRC製(1639)のサウンドデコーダー、購入からすでに5ヶ月も経ってますー。。。あわわ。
当初はホーンビィ製トーマスにDCCサウンド組み込むつもりでしたが、両極集電の改造面倒さのため作業中断中〜。スペンサーなら余裕でデコーダとスピーカを納めるスペースがあるだろうとf(^^;
が、ボディ分解してみるとスペースありません(汗) スピーカは運転室に納めるとしてもデコーダの場所がありません。。。しゃーないテンダー(後部の石炭車)に積むかとも考えました。でもその前に、まずDCCサウンドのテストってことで裸のままで試しました。
↑実は早く試したかった。

初のDCCサウンド〜♪
いや〜動く模型から音が聞こえるって、、、 イイっす (・∀・)イイ!!
サウンド仕様にすると、音無しの車両が不自然にも思えてきます。←! トーマスもどきに付いてたデコーダと違い、加減速度や汽笛の音、音量まで細かく調整することが出来ます。数値対応表を見ながらのCV値(各設定に割当てられた番号)変更はちょっと面倒ですが。。。

DCCサウンド、感動ものですが、何点か気になった点も、、、

1)スロー運転が難しくなりました。
いろいろ最高電圧、加速度など変更しましたが、無理なよーです。これはMRCデコーダ性能の問題じゃないかと。。。トビーに組み込んだDCCはかなりスロー運転が可能です。

2)汽笛がアメリカちっく (ま、アメリカ製やしとーぜんか)
11種類の汽笛が選べますが、汽笛とは思えないよーなものまであります。もっとも英国蒸気の汽笛の音って何度か動画でしか聴いたことないですがぁ〜

3)シューシューといつも音が出てる。
カマの火を落とした音無しモードも簡単に選べるようにしてほしい。

あとなんでしょ、、音質とゆーか「らしさ」とゆーか アメリカ的大味感がするのは気のせーでしょか・・・←偏見アリアリ
まだMRCのサウンドデコーダを1つ試しただけですからねー、次は別メーカを試してみます。

posted by こども局長 at 23:59| Comment(0) | TrackBack(0) | DCC | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2007年10月09日

トビーをDCC化!

トビーをDCC化! 意味不明の部品・・・
これまでDCC車両はトーマス「もどき」だけでしたが、これではいかんとゆーことでトビーをDCC化することにぃ。
TamTamデジトラックス(Digitrax)のデコーダDH163D(KATOカスタムショップ扱)を購入。←どれがどー違うのか分からずてきとーに、、f(^_^; 下調べして行くべきでしたわ。

ドキドキの配線 無事テスト走行完♪
で、初のDCC加工、、、ちょっとドキドキっ。トビー分解すると早速なんのために付いてるか分からん部品発見んんっ。これ抵抗でしたっけ??←あまり気にせずKATOのDCC取説の配線図を見ながら結線。初めてってことで使うのはモーター用と集電用配線のみ。車両番号はとーぜんトビーの「7」で。裸のまま走行テストすると難なく走ります。ホッ(゚ω゚)=3 アナログ走行時にショートして止まる問題はデジタルでは起こりません?(?_?)? とりあえず問題解決〜ってことで(←えー!)
トビー快調な走りっす 集電は4輪のみ
集電方法を見てみると、前後2軸の計4輪からしか集電してません。今のところカーブポイントもスムーズに走るし集電改良は次回ってことで。あとLEDのライトも取付ける予定〜♪

posted by こども局長 at 00:07| Comment(0) | TrackBack(0) | トビーとヘンリエッタ 1:76 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

模型ショップのリンク追加

気になる模型ショップにDigitraxを追加しました。

posted by こども局長 at 00:07| Comment(0) | TrackBack(0) | ブログやネットについて | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2007年10月08日

プライザー社のカタログ

プライザー社の新カタログ 動くフィギュアも
TamTam寄ったらプライザー(Preiser)←サイト工事中 のカタログ発見〜。思わずゲットしました。
何を隠そうプライザーファンですすす。マン盆栽でもパラダイス山元氏がプライザー社のフィギュアを使用しています。
ニューアイテムとして動くフィギュアが登場しています。

posted by こども局長 at 16:42| Comment(0) | TrackBack(0) | その他模型について | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2007年10月04日

走らせてみたっ

レールに簡易結線
線路のジョイント裏側にハンダ結線しようとしたけど、ハンダ付きません。。やっぱステンレス用フラックス使わないとだめかなぁ。なもんでとりあえず隙間に線を押し込み無理矢理つなぎました。
内周は問題なく通過しますが、、、
早速アナログDCとDCCで走行テストっ。走らせてみて分かったことは、車両によって問題有ったり無かったり・・・ DCC付きトーマスもどきは直線ポイントはほぼ問題なし、どーやら外回りの際ポイント部分で止まります。いつもではありませんが、時々立ち往生します。アナログDCのスペンサーはR356.5mmのカーブ問題なく通過します。しかもトーマスもどきと同じ3軸集電ですがポイントも問題なく通過。よーわ、トーマスもどきの集電不良ってことですわっ。なんとかして改善します、、、そのうち。。。

posted by こども局長 at 00:47| Comment(2) | TrackBack(0) | トーマスのレイアウト製作 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2007年10月02日

さらに線路をゲット〜

さらに線路をゲット〜 上−新、下−旧式?
引続きeBayでフライシュマンの線路をゲット〜♪
今回は左ポイント2つにカーブポイント左右、R356.5のカーブレール9本+ハーフ2本です。 前回入手したものと比べると若干違いがあります。今回入手したものの方が旧式と思われ。。。

線路の初敷設〜v
早速線路敷いてみましたっ。必要線路が足りず少し変形させていますが概ねこんな感じですわ。ボード上には厚さ6mmのコルクシートを敷いています。このまま全面に敷くか部分的にするか、騒音比べながら考えます。←多分全面敷きだろな〜 だって楽チンっすから^^
でも、な〜んか線路プラン不自然な感じが・・・ 手前の線路が直線過ぎるんですかね〜(-""-;) まぁ、このレイアウトボード作ったのは、あれこれ試しながら線路配置を考えようと思ったからで、少しずつアレンジしていきます。とりあえず電源つなぐために配線することにします^^)/

posted by こども局長 at 00:38| Comment(0) | TrackBack(0) | トーマスのレイアウト製作 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

新トーマスステーション

宇都宮のトーマスステーション
トーマスステーションが宇都宮にもオープン。

FKDショッピングモール宇都宮インターパーク店
〒321-0114
宇都宮市中島町939番地2階
TEL:028-657-5000(大代表)

なかなか大阪にはオープンしないっすね〜・・・

posted by こども局長 at 00:12| Comment(0) | TrackBack(0) | 機関車トーマスについて | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2007年10月01日

レイアウトボードの設置

テーブルの脚を短いものに♪ 棚とテーブルの設置♪
余っていたテーブル脚を短く切詰め、今の長いものと交換します。このカットはコーナンProの道具を借りて自分で切りました。
棚を置いて、テーブルを設置。

本棚の上に天板♪
本棚の上は高さを揃えるために2つの脚と天板で構成。ただ乗せてるだけです。 で、、、

<アフター>レイアウトボード設置完了♪
↑アフターっ!  パフパフ<〜★☆
どーです、この日本の狭い住宅事情を逆手に取ったよーな配置(笑・・・泣)
レイアウトボードの高さは床から1m、すこーし高い気もしますが、下で作業する時に頭を打たない+ちょっと余裕をみるとこのくらいが限度でした。
問題は正面に棚が出来た分、テーブル奥行きが深すぎです。。。 どーしよかな〜、希望サイズの天板を新しく作るか、はたまた有り物をカットするか・・・ レイアウトボードの奥行き900mmてのも結構大きいっすねぇ、右奥なんて手が届きませんし。。。( ▽|||)

posted by こども局長 at 16:01| Comment(2) | TrackBack(0) | トーマスのレイアウト製作 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

トーマス鉛事件-追加回収

商品の追加回収に関するお詫びとお願い→追加回収の案内記事へ

2007年6月15日よりトーマス木製レールシリーズの一部塗料に基準値を超える鉛が入っていたとして、発売元のソニーCPが自主回収をしていますが、今回新たに別の商品にも発見され追加回収の案内が出ました。
う〜ん、まだ出てくるかも。。。

posted by こども局長 at 01:39| Comment(0) | TrackBack(0) | 機関車トーマスについて | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする