2008年05月15日

大発見っ!!(゚∀゚ )三

アンカプラーも試してみました〜 アンカプラーの種類
アンカプラー(連結開放)もいくつか購入して試してみることに。 レールはPECOを使いながらも、アンカプラーは以前の記事にあったフライシュマン製を使うつもりなのですが、他にどんなものがあるのかと。。。
届いてがっかり、HornbyのR8244を除いて全てスプリング式(←て呼ぶのかどーか)です。つまりレールの間にあるプレートがいつもバネの力で上がってて、ここを通るとカプラーが跳ね上って連結開放します。 こんなんつないだままで通りたいときはどーすんねんっ(`Д´メ)ムキッ、と思っちょりました。
↑大きな間違いでしたっ(〃▽〃)

押す時と引っ張る時の違い
@の押す時は両方連結器が跳ね上り連結が外れますが、Aの引っ張る時は片側の連結器がフックとして引っ掛かって、外れないようになってますすすす=3=3L(゚□゚)」(←興奮)
連結器先のフック形状がミソ
テンションロックでも同じように機能しますっ。 いや〜気づきませんでした。。。連結器の先がフック形状になっているのがミソなんですね〜。よーできてますわ。

てことわですね〜、、、場所によってはフライシュマンのアンカプラーでなくて、こっちのスプリング式の方が簡単で配線いらずですやんっ=3=3
ふむむ〜(-""-;)

そんなん知ってましたて方も・・・→ 人気ブログランキング

posted by こども局長 at 23:14| Comment(2) | TrackBack(0) | その他模型について | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2008年05月14日

ぼんやりレイアウトプラン

ぼんやりレイアウトプラン色々
いきなり線路のテンプレートを使ってプランを考えるのではなく、まずどんな配置がいいか考えてからプランに落し込もーとフリーハンドでラフにプランを考えてます。 このプラン考えるの好きですわー。家の見取り図を見てあれこれ考えるのにちょっと似てます。(←え、似てない?)
その中の有力候補がこれ↓
プラン有力候補
基本はPaul A. Lunn氏のプランをもとにして、今回盛り込んだ内容をまとめると、、、
1)本線上に3列車が停車できること(前と同じ
2)機関車の交換を考えたプラン
3)最小半径も使いつつ、大きなカーブも
小さいカーブから急に直線は不自然だろーと
4)定尺型分割方式にぃ〜
1800x900mmて結構大きいです。制作途中の取回しを考えて分割できると便利だろーと。あ、あと気が向いたら拡張することも視野に入れて欲張りに検討中〜
・・その他いろいろ(頭の中で)
・・その他いろいろ(頭の中で)

手前は大きくカーブしたレイアウトボードです。←できるかなー・・・汗
この配置図をもとにレールテンプレートを使ってプランを描きます〜 果たしてどこまで盛り込めるかっ(〃▽〃)

家の見取り図好きな方はぜひポチっと→ 人気ブログランキング

posted by こども局長 at 00:03| Comment(2) | TrackBack(0) | トーマスのレイアウト製作 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2008年05月13日

Hattonsでお買い物〜♪

今日は先週末休日出張した代休〜
Hattonsでお買い物〜♪
そしたらタイミングよく、Hattonsにオーダしてた物が届きました。(ちと散財すぎか・・・) 目的はPECOのSETRACKシリーズのカーブポイントを試すため。レイアウト線路はPECOを使うことで考えてますが、小さなレイアウトで場所を有効に使うためになんとか「カーブポイント」を使いたいと。日本で入手可能なPECOカーブポイントは、半径の大きいSL-86とSL-87しかなくあんまし意味なし。。。
カーブポイント比較 絶縁部の長さ比較
今回購入のST-244(右R)とST-245(左R)はフライシュマンのカーブポイントより若干半径は大きいですが、絶縁部は小さめ。これなら使えるかもと期待「大」^^
普通ポイントの比較 Yポイントの比較
ついでにその他のSETRACKシリーズも注文。標準的なシリーズ(Universal Code 100)の線路と比べるとびみょーに大きさや半径が違ってたり、ジョイントが付いてたりとちょっと初心者向けな感じです。 普通ポイント(直線とR)はSETRACKの方が半径小さく便利そうです。 YポイントはCode100の方が半径小さく長さも短いので小さいレイアウトにはぐーな感じ。
これらの中から、
1)安定して走れる(集電不良の少ない)もの
2)出来るだけ半径の小さなもの
を選定します。

走行テスト〜
んで、走行テスト〜
SETRACKのカーブポイントええですっ(・∀・)イイ!! フライシュマン線路では必ず止まっていたパーシーが問題なく通過します!!(゚∀゚ )三
オリバーのバックで外R走行は問題あり パーシーのYポイント走行は時々問題あり
、、、ですが、オリバーがバックで外Rから走るとぎこちない走りをします(;´Д`A 前後逆や内Rは全然問題ありません。むずかしーもんです。
Y分岐が思った以上に成績悪く、パーシーはどちらのYポイントも時々止まり、ひどい時にはショートしてます。。たしかに絶縁部短いのでショートはまだ分かるけど、集電不良はなんで?? 念のためテスタで確認。←調べたけどあんまり理由解明には役立ちませんね・・・
絶縁部の確認 普通ポイントなら問題なし

で、結論は、、、(←えーもう?)
「SETRACKのカーブポイントと普通ポイントを標準使用に、
Yポイントは、、どーしてもの時はその時考える」 てことで〜
(o´∀`o) ←考えるのめんどーになって見切り発車

代休ばんざーいヽ(^^)(^^)ノ→ 人気ブログランキング

posted by こども局長 at 19:38| Comment(2) | TrackBack(0) | その他模型について | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

マッハ模型でお買い物〜♪

戦利品♪
ゆうえんさんアドバイスいただき、会社帰りにダッシュ=3=3で寄り道〜^^エヘヘ 早速ワイヤーゲット。
どの太さがいいのか試してみるためにも、複数種類を購入。「虎の巻」の1つ Chassis Construction in 4mmのIain Rice氏は、0.33mmのハードブラス(これ翻訳わかりません)もしくは近い太さの燐青銅(Phosphor Bronze)を使うと。 Locomotive Kit BuildingのTonyWright氏は0.45mmの洋白(Nickel Silver)を推奨しています。見た目で言えば銅色の燐銅(←燐青銅と同じ意味ですよね?)より、洋白のほうがええなぁ
キサゲ刷毛0.1と0.06mm 中のワイヤーを見ると違いが
ついでにマッハのキサゲ刷毛0.1mmも購入〜。最近買ったグラスファイバ製ブラシが思った以上に目が細かく、ほとんど仕上げ用なので粗めが欲しかったんです。最初に買ったキサゲ刷毛は0.06mmでこれもかなり細かいので、今回は0.1mmを試すことに☆ 先をちょっと出しただけでは太さの差はよく分かりませんが、、、中のワイヤーを見ると違いが分かります。

まだキサゲをケサギて言い間違えます。。。→ 人気ブログランキング

posted by こども局長 at 00:57| Comment(2) | TrackBack(0) | 工具・素材など | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2008年05月10日

ヘンリエッタ塗装〜続き

バッファビームに「キャラクターレッド(108)」を筆塗りしました。
普通にいけば、アクリル系塗料の上にはエナメル塗料を塗るのでしょうが、思った色がなかったのと後からウォッシングするだろーてことで。。。 ボディは「フラットブラック(XF-1)」と「レッドブラウン(XF-64)」のエナメルで汚し塗装しました。 ここで塗装後、初のボディと足回りとドッキング♪

ヘンリエッタのバッファビーム塗装
・・・なんだかイマイチなのは、車輪の金属ピカピカと、窓が無いからですかねぇ、、、(´〜`;)
窓は0.4mmの透明プラ板を使用。そのままだとクリアすぎてうそ臭いもんでピッカフェルトで表面荒らしました。そしたらあまりにすりガラス調になったもんで、今度は歯磨き粉で磨き戻し(?) 歯磨き粉て結構便利なんですが、難点はよく洗わないとずっと歯磨きのニオイします。。。 内側から仮止めしてエポキシ接着剤で固定しました。
窓を接着中〜
なかなかええ感じぃ♪

歯磨き以外で歯磨き粉使ったことある方わ〜→ 人気ブログランキング

posted by こども局長 at 00:25| Comment(0) | TrackBack(0) | トビーとヘンリエッタ 1:76 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2008年05月08日

壊しちゃいました・・・

ワ━━━(゚ロ゚;)━━ツ!!
モータにハンダ配線してたら、どうやら壊しちゃったよーですすすす。。。
ちょーっと熱かけ過ぎましたわ(+_+) しょぼぼ〜ん。
本体全部が金属ではないんすね(T_T)

→電気配線のハンダて苦手です。ハンダこて離すと同時に配線まで離してまうんです(爆) で、何度もやり直してたら熱回り過ぎちゃいます。
(↑いいわけ)
モータ入手するまで、ボディの工作始めるかなぁ・・・
壊したMASHIMAのモータ こての熱で取れた部品・・・

電気配線のハンダほんと苦手です〜→ 人気ブログランキング

posted by こども局長 at 00:22| Comment(3) | TrackBack(0) | メイビス 1:76 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2008年05月07日

ロッドとWiper pickups

まず前後の車輪だけで調整
ついに車輪をセット^^ この車輪は圧入して組み立てるので、よっぽどのことが無い限り車輪外しません。目でおおよその位相を合わせ万力を使って圧入しました。 英語では位相のことを「Quartering(4分の1)」てゆーてますが、ネーミングの通り左側が12時だとすると右側は3時の位置です。
まずはこの前後の車輪だけでロッドを組んで、スムーズに回転するまで位相を調整〜。わりとすんなり出来ました^^ それよりも車軸と車輪がちゃんと垂直にセットされているかの方が難しく、車輪を回してみるとまだびみょーに車輪が揺れてますわ。。。
次にクランクを組んで調整
前後の車輪調整が済むと次は後部のクランク(Jackshaft Crank)を組んで、再度位相調整します。この時前後車輪は触らずクランクのみを調整します。 今回このクランクとシャーシの間のスペーサ(?)が無くて、以前に購入したキットからパーツを見つけました。←やっぱストック必要ですね〜^^

集電用のプリント基板 ワイヤー太すぎました。。。
集電方法は、Wiper pickupsで♪(←日本語はワイパー集電??) デジットでゲットしたプリント基板から使えそうなものをカットしてシャーシに固定。端材入れに転がってたワイヤー(おそらく0.7mm)をハンダ付けしました。→なんですが、ワイヤーちょっと太すぎました。。。一番遠い、つまりワイヤーが長いところはちょうどいい強さで車輪に当たりますが、その他は硬すぎてバネの役目しません。。。
0.4mmのピアノ線で
いくつかワイヤーを購入しましたが、ある程度バネを効かそうとするとピアノ線くらいしかありませんです。。。ハンダが付くか怪しいとこですが、0.4mmピアノ線を使って強引に・・・ ハードブラスや、ニッケルシルバーのワイヤーってどっかで売ってるかなぁ〜
最後の調整はモーターと真中動輪を組んでからにします。

今日もポチっとよろ〜→ 人気ブログランキング

posted by こども局長 at 21:13| Comment(2) | TrackBack(0) | メイビス 1:76 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2008年05月06日

メイビスのシャーシ(2)

お風呂用シール材で・・・♪ 乾くまでそのまま〜
メイビスのモータはそのままだとぐらつくので、端材で両側フレームに板を載せこの上に載る構造になります。取説には板とモータの間には「Bath Sealant」をはさんで・・・とあります。 んん〜、うちにもありましたーお風呂用のシール!!(゚∀゚ )三♪ これを緩衝材代わりにします〜^^ プラ板ではみ出ないように壁を作り、モータを置いて乾くまでそのままにします。
保護用のマスキングがいけなかったか、きれいに剥がれてくれなかったので、モータはずした後にもシールを追加して形を整えました。。。
マスキングゾルneo大活躍☆ シャーシの塗装
車輪をセットする前にシャーシを塗装します。
軸が通るところはゾルneoで保護☆ ←大活躍っす。 マッハ模型のシールプライマーを塗って、「セミグロスブラック(92)」を塗りました。シャーシを保持してて塗り残したところは筆塗りします。

GW終わりました・・・(・ω・`)→ 人気ブログランキング

posted by こども局長 at 20:10| Comment(0) | TrackBack(0) | メイビス 1:76 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2008年05月04日

ヘンリエッタの塗装

塗装はがれあります。。。 ゾルneoも使ってマスキング♪
前回から十分(?)乾燥させたので、ヘンリエッタの足回りを「カウリング色(125)」で塗装♪ ボディには実は、1ヶ所塗装はがれあります(汗)
これまでほったらかしにしてたのはデッキの中、フェンスの向こう側が塗りにくそうで…^^; 先に黒塗って後から入口フェンス取り付けるべきでした。。。 マスキングテープとマスキングゾルneoで慎重にマスキング。
デッキ内部きれいに塗装できました^^v 塗り残し部分は筆塗りで
マスキングゾル、ぐーっv(≧∇≦)v やっぱすごいですね〜、これ剥がす時好きです。手に付いた木工ボンドを剥がす感じできれいに剥がれます。なんでしょ、人間の深層心理に訴えかける何かがあります(←え、ボクだけ?) 思った以上に楽にきれいに塗装できました☆ フェンス、ハンドルの塗り残し部分は筆塗りぃ〜。

ひそかに木工ボンドを剥がすのが好きな人は→ 人気ブログランキング

posted by こども局長 at 23:42| Comment(0) | TrackBack(0) | トビーとヘンリエッタ 1:76 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2008年05月03日

ワッシャとロッド

0.4mmプラ板からワッシャを自作 ワッシャ有りと無し
車輪がシャーシに近く、ショートを避けるために0.4mmプラ板からワッシャを自作しました。←これはやりすぎですわ( ̄△ ̄;) できれば既製パーツ使いたひ。
ロッド穴をブローチで大きく ブッシュとロッド、ロックナット
ロッド穴をブローチで大きくしました。ブッシュとのクリアランスは若干の遊びがある程度で、今はほとんどジャストフィットとしました。動輪の位相合せをしながらこのクリアランスを大きくするつもりです。でもゆうえんさんが仰るような0.1や0.2mmと寸法測るのは難しいなぁ〜(´〜`;)
シャーシに部品追加
シャーシには、ブレーキパッド(?)を取り付けるための真鍮棒と、モータを支えるプレートを取り付けました。

GWばんざーい〜ヽ(^^)(^^)ノ→ 人気ブログランキング

posted by こども局長 at 15:55| Comment(0) | TrackBack(0) | メイビス 1:76 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2008年05月01日

ポイントをスキャン♪

ポイントをスキャン♪
最小半径も決めたことですし、プラン作成のためにレールをスキャンしてテンプレートを作成中。←これごっつう面倒ですわ。。。(#+_+) 以前PECOのカタログ半径値を参考にテンプレート作ったんですが、つじつま合いません。正確なテンプレートは必要ないですが、要点を押さえたソフトデータとかメーカにないもんですかね。その点、ドイツ製フライシュマンの線路は規則性がはっきりしててまだまし。
その前にプラン概要考えなっ=3=3

今日もクリックよろ〜→ 人気ブログランキング

posted by こども局長 at 00:58| Comment(2) | TrackBack(0) | トーマスのレイアウト製作 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする