2009年01月23日

線路敷き完了〜☆

線路の裏に配線を半田 線が飛び出ないように
線路を敷く前にHNモジュールの規格に定められているフィーダーを付けます。線路の裏真ん中ぐらいのところに配線を半田します。配線を通すところはコルクの一部を削り枕木から線が飛び出ないようにします。

固定するピンをどれにするか シノハラのHO犬釘で固定
レールを固定するピンをどれにするか。。。写真左から、シノハラのHO犬釘、PECOの線路固定用ピン、DIYのお店で買ったこびょう。 PECOのピンは細くて目立ちにくそうでええのですが、長さが14mmもあります。 枕木+コルク+ベースのMDFで11mmくらいしかないのでやめ。(飛び出た分は切り飛ばしたらええのですが) 今回はシノハラのHO犬釘を使うことにし、適当な間隔でレールの外から固定しました。

定規を当てながら直角を出す ゆがみの無いなめらかカーブに
モジュールの端では線路が直角になるように定規を当てながら調整します。←どれだけ正確か怪しいもんですが、ちょっとぐらいならつながるだろーてことで^^; 線路は慎重に敷きました。綾雄鉄道yuさん記事を参考に、レールに定規を当てながら直線を出しました。←ちょっと違うけど…(´3`) おかげで満足のいく直線が出来ました。 ゆるやかなカーブは、もーレール目線で何度も見ながらゆがみ無くなめらかになるように曲げました。計画当初はR2800くらいのカーブて書きましたがそんなに大きくないですわ。。
次は脚の取り付けと、連結用穴あけです。

線路敷くの結構難しいです〜→ 人気ブログランキング

posted by こども局長 at 22:48| Comment(2) | TrackBack(0) | HNモジュール | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする