2009年04月19日

バラスト撒き

ついにバラストを撒きましたたたた=3
初めにどうゆー順番で撒くか考えました。。。
1) レールと枕木塗装 → バラスト撒き → バラスト塗装(必要であれば)
2) バラスト撒き → レールとバラストと枕木塗装
1)のメリットはレールの錆色とバラスト色を別にできます。 いろいろ実物写真を見ていると、レールとバラストが同じよーな色になっている所も結構ありますので、今回は2)の「後から塗装楽ちんコース」でいくことにします(〃∇〃)
ウッドランドシーニックスのバラスト 平筆でならします
バラストはウッドランドシーニックス(Woodland secnics)のグレー色ミディアムサイズです。 ぱらぱらとふりかけて平筆でならします。 枕木にバラストが乗らないように根気よく整えていきます。

バラスト固定用のボンド水溶液 霧吹きで湿らせてボンドを塗布
地方路線ってことで…
固定は木工ボンドを使います。水で2〜3倍くらいに薄めて中性洗剤を数滴加えます。この中性洗剤は、ボンドを塗布する時にせっかく整えたバラストがダマにならないようにするためです。→なんですが、いざボンド水溶液をたらしていくとダマになっちゃったんで、急遽中性洗剤を加えた水を霧吹きで噴いて湿らせてからボンド水溶液をたらしていきました。
コルクを敷いて線路部分を一段高くしましたが、バラストを一度に撒いたもんで、ほとんど平らになっちゃいました(´`)↓ ま、地方路線てことでΣ(´D`lll)
これで乾燥させまーす。

ちゃんと固まりますよーにぃ〜→ 人気ブログランキングへ

posted by こども局長 at 23:58| Comment(0) | TrackBack(0) | HNモジュール | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする