2009年11月21日

コンデンサ修行

前回更新から約2週間も過ぎちゃいました。。。
忙しい時でももうちょっと更新するように心がけたいと思います(つω`*)

トーマスの車輪ゴムを取り外して集電ヵ所を増やしましたが、さらにスムーズな走りを目指してコンデンサを組み込んでみよーと思います。
ちょっと大きいコンデンサ 走行テストしたけど…
既にヘンリエッタには搭載済みですので早速実験〜 まずは25v-470μからテスト。。。 うーん、あんまし変化なし。動力車なんでもっと大きなものが必要なんでしょーか。試しに1000μでもやってみましたがスムーズなような変化ないような…

ここでちょっと気になったのは…
前回ヘンリエッタはDCCだったので極性は気にしませんでしたが、アナログDCなら前進後進で電気の向きが変わるので(←ほんまかオレ?)ブリッジダイオードとかが必要なんじゃ… 色々調べてみると、コンデンサは電流の向きがあり、反対向きはダメとな。つまり逆向きの流れになっても問題なくコンデンサに電気を貯めるようにブリッジダイオードがいるんじゃ、 あ、でもそれだと一方方向しか動かないか…
ん、軽便祭でゲットしたコンデンサはモーター直付けってイラスト解説あったんだけど… はて? でもMAX5.5Vじゃあ容量小さいよーな。。
わー、全然解りません↓

やりたい事は
1)DCで走行中に一時的な集電不良をコンデンサでカバーする。
2)進行方向のライトのみ点灯させる。

2)は簡単に実現できそう。こんな感じでしょうか。
前進後進でライトがON/OFFするつなぎ方

でもコンデンサについては、手も足もレレレのれですわ。。。 これは勉強するより、聞いたほーが早いっ!てことで、会社で電子回路に詳しい方に教えていただきましたっ(しさんおおきにです^^)
極性の無いコンデンサもあるそーな。 ←これだとモーターに並列につなぐだけなので楽ちんです。

無極性コンデンサ
早速本日、日本橋のパーツ屋さんに行ってきましたっ(*゚∀゚)=3
無極性(バイポーラ)コンデンサありました! メタリックグリーンでやる気満点(←?)
なんですが、極性有りと比べると、でかいっす… ウィキペディアによると「コンデンサの直列接続となるため、単位体積当りの容量は半減する」とあります。 ん、直列接続? こんな記事「直列に接続すると極性をなくすことができる」も見つけました、、、 ちゅーことは分散して組み込めるのであれば有極を2つつなげても同じなのか。
一度テストしてみるかなー。

チンプンカンプン→ 人気ブログランキングへ

ブログ村鉄道模型の入り口→ にほんブログ村 鉄道ブログ 鉄道模型へ

posted by こども局長 at 23:49| Comment(0) | TrackBack(0) | トーマスDC(Hornby) 1:76 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする