2009年12月06日

しつこく静電気^^;

あまり変わり映えしない草の記事ですが、もうしばらくお付き合いください(笑)
広範囲を散布してみます 散布直後の様子
今回はピンポイントの散布ではなく、比較的広範囲で試してみます。 まず角部で実験〜♪

マーティンと草の長さ比較 この一角全部に散布しました〜
マーティンに草の長さを比較するために立ってもらいました^^
マ:「なかなかいいんじゃね?」
てことで、このエリア残り全部にふりかけました☆ニヒヒ

羊さん登場 散布箇所全景
羊さんにも登場願いました。 牧草地と考えると、ちょーっと草がふさふさ過ぎますね。。。 空き地といえばちょうどいいくらいでしょか。

ちょっと高いツールでしたが、その効果はおおむね満足〜♪  今後使用にあたっては、以下の点を気を付ける必要があります。
1)下地をどうするか?
緑系で塗装か、土色で塗装か。 おそらくこれは緑、しかも極力同系の緑がええような気が。
2)1度にふりかける面積限界は?
今回ボンドが乾くといけないので2回に分けて散布しましたが、うっすら境界見えますね…
3)嘘っぽくない草色は?
これは周りとの色の組合わせによるところが大きいですが、シルフローの6mm2種類のブレンドではちょっと嘘くさい緑でした。。。 調色は慎重にぃ
4)色の追加は?
あとからエアブラシなどで追加塗装もしくは調色できるか。 そのうち試してみます。

ふさふさ好きな方はポチッとよろしく〜♪→ 人気ブログランキングへ

ブログ村鉄道模型の入り口→ にほんブログ村 鉄道ブログ 鉄道模型へ

posted by こども局長 at 22:06| Comment(4) | TrackBack(0) | HNモジュール | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

これも取っちゃえ♪

オートタンクもゴム付きですわ 分解〜♪
以前トーマスの集電車輪を増やした改造を、オートタンクにも。 真ん中の車輪にゴムが巻かれてるので、これを取っちゃって集電ヶ所を増やそうっちゅー魂胆です。 ゴムが付いている車輪の裏には集電板があるんだし、最初からゴム無しにすればいいのに。。。
※分解改造は自己責任でね☆
ちょっと苦労して分解〜。 車輪はロッドでつながってますが、押し込みピンで固定されてます。 うーん、これ1度はずしてあとで緩くなると困るなぁ。。。

洋白帯で隙間を埋めます 慎重にハンダします
ゴムの隙間を埋めるのは、幅1.3mm 厚み0.4mmの洋白帯♪ 前回は板からカットしましたが、こっちの方が正確で楽ちんです(^^)v 折れないように慎重に曲げぐせをつけながら、車輪の径とほぼ同様の形状にします。 んで、ハンダします。 この車輪はスポーク部分はプラで金属部分が小さいので、ハンダできるのはほんの数秒。 熱を加え過ぎると融けちゃうので、慎重に、慎重に、、、(汗)
改造完了〜♪
なんとか無事にハンダできました ふーっ(´・ω・)y-~~~ 表面をきれいに整えて車体を組みます。 何回か組み直して調整しましたが(ロッドピンがはみ出して干渉してた)、無事復活しました!
今のところ直線でのテストは問題なし。 分岐などの走行はもうちょっとあとでぇ☆

早くテストコース作らなきゃ♪→ 人気ブログランキングへ

ブログ村鉄道模型の入り口→ にほんブログ村 鉄道ブログ 鉄道模型へ

posted by こども局長 at 13:06| Comment(0) | TrackBack(0) | オートタンクとコーチ 1:76 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする