2010年02月25日

Amazonからの第二弾

amazonUKから第二弾が届きました。今回は本です(^^)v
中野仁さんに教えていただいた景色の参考書と、信号関連のものを購入〜♪
さすがに本なので総重量は3.4kgもあり、送料はおよそ4000円でした。
amazonからの購入品第二弾 すんごい数の信号です…
Station in Colour 2002
Infrastructure in Colour 2005
Station Architecture in Colour 2007
Railway Signalling and Track Plans 2007
Two Centuries of Railway Signalling(Second Edition) 2008


最初の3冊は、古くてちょっと質の悪い写真もありますがすべてカラー写真で建物や景色の参考になります。 前回購入のものは白黒でしたし^^;
4冊目はタイトル通り線路や信号についての解説書です。白黒ですがイラストや写真がたくさん載っており見るだけで十分楽しめます。
5冊目は、初期の手旗信号のようなものから現代信号までを順番に解説したものです。

駅や建物の参考資料もさることながら、こども局長 信号の知識ゼロなもんで、、、今回資料を入手〜。
近年の電気信号はともかく、レバーによるポイント切り替えってどうやってたんだろうと。 やっぱりレバーとロッドのメカ可動で動かしてたんすね! 2枚目の写真はセントパンクラス(St Pancras)の駅だそうですが、すんごい信号の数っす(汗) これらすべての信号と分岐を機械的に動かしてたなんて… 人間て賢いよーな、今考えるとアホなよーな(笑)

実は第二弾で別のものもゲットしましたが、それは次回に。。。
最近工作記事が無いもんで、別ネタでもうちょいつなぎますぅ〜^^;

腕木式信号ファンの方はポチっと〜→ 人気ブログランキングへ

ブログ村鉄道模型の入り口→ にほんブログ村 鉄道ブログ 鉄道模型へ

posted by こども局長 at 23:41| Comment(2) | TrackBack(0) | トーマスのレイアウト製作 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする