2010年04月26日

モジュールつなぎました☆

「E」型の線路配置 S字カーブを走るタルゴ
4/24はHNモジュールの運転会でした^^
今回は分岐モジュールが加わり「E」型の線路配置。
ボクは久しぶりの参加でしたv 集電改良したトーマスはなんとか無事走ってくれました。 あ、オートタンクは走らせるの忘れてましたわww
皆様、ありがとうございました。 また次回もよろしくです〜(^▽^)ノシ

興味のある方はぜひご一緒に^^→ 人気ブログランキングへ

ブログ村鉄道模型の入り口→ にほんブログ村 鉄道ブログ 鉄道模型へ

posted by こども局長 at 00:42 | Comment(0) | TrackBack(0)
HNモジュール

2010年04月19日

ゴシゴシ洗います♪

ゴシゴシ洗います♪
塗装に備えて、郵便車ボディを中性洗剤で洗います〜♪
んで、十分乾燥させます〜 1年くらい?(←し、失礼なっ^^;)

心はすでにGWっ!!という方は^^→ 人気ブログランキングへ

ブログ村鉄道模型の入り口→ にほんブログ村 鉄道ブログ 鉄道模型へ

posted by こども局長 at 23:18 | Comment(2) | TrackBack(0)
ソドー郵便車 1:76

2010年04月18日

アニクラ組み立て☆

前回から い、いちねんぶりのアニークララベルの工作でっす(汗)
ひゃー、どこまで何を作ってたか記憶飛んでましたわww
これもレイアウトのプラットホームとの干渉チェックに使おーと、急遽工作を再開した次第です。。。 制作中のソドー郵便車ほど長い車両ではないですが、念のため^^;

まず4辺を組みます プラ棒の横梁を2本取りつけ
今回のキットも室内灯を組込みたいので、本体と足回りが取り外せる構造とします。 まず4辺の箱を作ります。 底板は3分割して両端はボディ側に接着します。 車体中ほどに3mmプラ棒の横梁を2本取りつけ、これに2mmのネジで底板を固定します。

ミッドランド鉄道客車用バッファを使用 屋根を仮乗せ
バッファはキットのものではなく、むかーしeBayで落札したものを使用。 パッケージには「ミッドランド鉄道客車用」と書いてます。 TV版のアニークララベルのバッファとは微妙に違いますが、おっけーっす^^)v

今日は暖かいぞ、という方は→ 人気ブログランキングへ

ブログ村鉄道模型の入り口→ にほんブログ村 鉄道ブログ 鉄道模型へ

posted by こども局長 at 13:15 | Comment(0) | TrackBack(0)
アニーとクララベル 1:76

2010年04月11日

ちと改良v

ガイド用の木材追加 スリットをストッパーのガイドに
ストッパービスのところにスリットのガイドをつくり、糸が張っている状態が維持できるように改良しました。
これで一旦ボードの作業を終え、今度は地形を考えようと思います〜☆^^

散る桜もなかなかと思った方は→ 人気ブログランキングへ

ブログ村鉄道模型の入り口→ にほんブログ村 鉄道ブログ 鉄道模型へ

posted by こども局長 at 23:55 | Comment(0) | TrackBack(0)
トーマスのレイアウト製作

2010年04月09日

ストップあんどゴー☆

次なる課題はレイアウトのアクセサリー(?)信号機をどーするか。
トーマスの時代設定では腕木式信号機(Semaphore Signal)が使われています。 日本でも昔使われてました。 とはいえ、腕木式信号機の知識ゼロなもんで、調べました(←ちょっとだけね)

腕木式信号の基本
基本はイラストのように 駅の手前にDistant信号 → 駅手前にHome信号 → 駅終りにStarting信号 → 駅離れてAdvanced Starting信号 という構成だそうです。 この中で、Distant信号のみ腕木の端が斜めにV字カットされていて色は黄色です(他は赤) 日本の場合も同じようなものなんでしょか。

レイアウトの信号プラン レイアウトの信号プラン簡略版
基本構成を会得したので(←ほんまか)、うちのレイアウトの信号プランを描いてみました。。。
うーん、信号だらけ。。。 そらそーか。。。 なもんで慎重な審査選定を行い右図のようにぃ(^^)ノシ ん、ちょっと簡略しすぎ?

もう1つ考えないといけないのは、どの「形」の信号にするか。 英国では民営鉄道期間が長く、各鉄道会社でそれぞれ独自の形状のものを使っていたので、たくさんの種類があります。
TV版トーマスはというと、、、
TV版トーマスの信号 TV版トーマスの信号

うーん、Ratioキットの中ではLNWRの信号がよく似てる気が…^^
Ratioの信号キット
今のところ信号を動作させるつもりはありませんww

信号機について詳しいサイトの紹介↓
The Signal Box
Railway Signs and Signals of Great Britain
British Railway Signalling

最近の色灯式信号機の方が簡単だと思った方は→ 人気ブログランキングへ

ブログ村鉄道模型の入り口→ にほんブログ村 鉄道ブログ 鉄道模型へ

posted by こども局長 at 00:16 | Comment(2) | TrackBack(0)
トーマスのレイアウト製作

2010年04月07日

試した━(*゚∀゚*)━━っ

アンカプラーを使った走行テスト動画をアップ〜♪




うーん、うちの動画、画質悪いですね。。。 しかも3分そこいらで100MBはないよな〜^^; LX3の動画はMOV形式ですが、変換してもいまいち。。。 カメラのせい?

昼間はポカポカでさいこーと思った方は→ 人気ブログランキングへ

ブログ村鉄道模型の入り口→ にほんブログ村 鉄道ブログ 鉄道模型へ

posted by こども局長 at 00:05 | Comment(6) | TrackBack(0)
トーマスのレイアウト製作

2010年04月06日

動いた━(*゚∀゚*)━━っ

ピンクの水糸♪ 端はネジとナットを使って調整できるように
紐はアドバイスいただいた水糸を近くのDIYのお店でゲット☆ 黄色もありましたが、ここはピンクで♪ 500mて・・・一生かかっても使い切れませんな(爆)
操作は5mmの丸棒を使って行います。 端はM2x10のネジとナットを取り付けることで、張りを調整しながら固定できるようにしました。

で、↓これが糸を張った状態^^
ボード裏の様子 ストッパー代りのビスを入れました
極力転回点を減らして抵抗を少なくしました。(←受け売り) ストッパー代りのビスを入れましたが、ここはもう少し改善の余地ありです。

うーん、動画にするほどのものじゃないんですが、とりあえず〜^^;

まだまだお花見に行きますよという方は→ 人気ブログランキングへ

ブログ村鉄道模型の入り口→ にほんブログ村 鉄道ブログ 鉄道模型へ

posted by こども局長 at 00:32 | Comment(0) | TrackBack(0)
トーマスのレイアウト製作

2010年04月04日

よーしこの方法でいくか☆

そろそろ具体的なアンカプラーのメカに取り掛かろうと・・(大汗)
紐可動の方式であれば、操作の場所も手前の一か所にまとめることができます。 これまではアンカプラーの位置上に軸を通すつもりでしたから、それと比べるとかなり自由度があります。
ボード裏のワイヤー計画
↑実際に絵を描いてみました。 番号は写真左から1〜5となってます。 4と5の位置が逆だったら紐がクロスすることなく良かったのですが、操作するときに直感的に位置が分かることを優先してこの並びで^^ 操作棒は手前左側に集中配置。 うーん、ほんとにこれで出来るかなぁ〜

皆さんにコメントいただいた可動方法ですが、えーい、うだうだ考えても進まないし見切り発車しちゃえーっヾ(^▽^)ノ
で、「C’’」を考えました〜(o´∀`o)
「C’’」を考えました〜 デジットで発見した小さなスプリング
「C」からの変更点は、(1)スプリング(デジットではけーん)を途中で追加→やっぱ無いと定位置に戻らなかったので、(2)引張り上げる紐の位置を変更→フラップが真っ直ぐ上に上がるように、、など。 これで確実に可動するようになりました☆☆
アンカプラーのメカ
紐は最初テグス(10号0.52mm)を使用していましたが、コシがある分ピンと張りにくいので普通の糸に変更しました。どれだけ耐久性があるかが問題ですね。代案探します。
これで何とかできる目鼻がついたので、残りの4つを作り始めます〜

桜を見て日本人でよかった〜と思った方は^^→ 人気ブログランキングへ

ブログ村鉄道模型の入り口→ にほんブログ村 鉄道ブログ 鉄道模型へ

posted by こども局長 at 12:13 | Comment(2) | TrackBack(0)
トーマスのレイアウト製作