2020年10月24日

次の工作は、、、

次の工作ターゲットは、、
これも途中だったアニーとクララベルに決定〜(≧∇≦)/
どこまで作ってたかまずは思い出すことから始めました(笑) →過去記事

次はAnnie and Clarabelを
実車と同じように、仕切り壁を立てようと作り始めたのは良かったんですが、、、室内照明をどうするかちゃんとまとまってなくて、いきなりやり直す事に、、、(;´Д`)

照明どうするか=車両をどこで分割するか、を前もって考えてなかったのがダメでした。今回はボディと屋根はひとつとして、シャーシに室内灯やデコーダーを設置して、最後に上物を被せる(Nゲージの車体組立てみたいな感じ)にしようと。

室内照明は、LEDを透明プラ棒断面に密接させてLEDひとつで端から端までなるべく均一に照らすことにします。となると、前に作ったビス止めする横梁が邪魔で、、、
しかも横梁の位置が悪く、仕切り壁が窓間真ん中じゃないのも気になりました。

これまでの梁と新しい方法の梁 上から車体をかぶせられるように
てことで早速ひとつをやり直してみました。仕切り壁がちょうど窓間真ん中に来るように、接着していた梁をきれいに撤去して、新しいパーツをつけました。(面倒だった泣)
ビス止め用の横梁は分断されて強度は落ちるけど、まぁなんとかなりそうなのでこの方法でもうひとつも加工します。


アニーとクララベルは2軸車なので集電不良が起こらないように全車輪集電にしようと思います。しかもいつも2両一緒なので、デコーダーはひとつにして2両1ユニットにしようと。
集電カプラーを採用して連結したら電気的にも繋がるのを試してみようと思います♪

通電カプラー3種類 どれにしようかな
てことで、集電カプラーを入手しました。(ポチっとは早い笑)
ひとつめはNスケールですがTOMIX製の通電カプラー、もうひとつはESU製のもの、3つめはIMON製です。

うむーー、どれがいいかな? 急カーブで問題なく曲がるためにどのくらい連結間距離が必要かも考えないと失敗しそう(笑)
製品だけを見るとIMON製のが連結解放のしやすさと、カーブでも追随するカプラー振りで良さそう。でも問題は集電用2本とDCCの線2本の合計4本いるんじゃないかな、、、どどどしよかな

これも作りながら考えるとするか〜(*´ω`*)


見切り発車は基本です→ にほんブログ村 鉄道ブログ 鉄道模型へ にほんブログ村 鉄道ブログ 鉄道模型 レイアウト製作へ 

posted by こども局長 at 21:22| Comment(0) | アニーとクララベル 1:76 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする