2009年11月27日

曲がりながら

線路プランもかなり出来てきて、アンカプラー(連結器をはずすメカ)をどこに設置するか考えてました。 曲線は基本的にR270です。 引き込み線には当然アンカプラーを設置したいのですが、曲線曲がりながらうまく機能するか簡単に実験してみました。
曲線でのアンカプラーの実験
カプラーもいろいろあって、プラの大きいものからフックだけ金属製だったり。 これによって曲線上での状態がかなり変わります。 結論的にはR270はちょっときつすぎで、いつもアンカプラーできるとは限りません。 んじゃ、引き込み線のアンカプラー設置の場所はRを大きくするとかしなきゃ。。。
引き込み線の検討案 現在の有力案♪
案いろいろ考えましたが、どれもなんかいまいち…(A〜D) カーブだけど半径を大きくする方法を試すと、R350くらいあればなんとかなりそうなのでこれで進めることに。 メカは電動ではなくて、手回し手動式を検討中〜^^

マグネット式の方が楽かな〜→ 人気ブログランキングへ

ブログ村鉄道模型の入り口→ にほんブログ村 鉄道ブログ 鉄道模型へ

posted by こども局長 at 00:24| Comment(0) | TrackBack(0) | トーマスのレイアウト製作 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。

この記事へのトラックバック