2010年03月07日

地、固まりました♪

修行僧のよーに、枕木を1本づつ瞬着で固定してやっと線路設置完了〜♪ 枕木を接着するのは大したことではないんすよー。大変なのは、枕木を均等に並べること(´Д`ι)ハアハア

次はアンカプラーを考えます。 以前アンカプラーを比較しましたが、諸般の事情を総合して再度検討。(←もっともらしい理由^^;) そのため、スプリング式は誤解放を避けるために不採用。 走行中にはずれたらかっちょ悪いですやんーー*)
フライシュマン製には手動と電動あります。 厳密には手動でもモーターを取り付ければ電動になります。 完全電動のアンカプラーは、電気がないと動かない(←当たり前)ので不採用と。 手動レバーすらないとちょっとした時に動かせないのは不便かなーと。
それよりも決定的な理由は、「線路が直線なこと」←これ。 狭いスペースに短いとはいえ必ず直線を入れるのは難しい、しかも不自然になっちゃうし。 なもんで、手動+モーターも不採用。。。
残る方法は、、、 カーブ部分にも組み込めるものを自作します〜 だ、大丈夫かな〜(汗) 手動アンカプラーのメカ自体は簡単で、レールの間の板が持ち上がって→カプラーをリフトUPするというもの。 これを手動で遠隔操作できるよーにします。

アンカプラーの試作実験 ベースに穴をあけます
レイアウト奥の直線部分で試作実験します。 長さを若干短くしますが、基本はフライシュマンのアンカプラーをお手本にします。まずは枕木4本分をカットしてベースに穴をあけます。
上下する可動部を作る
穴をあけた周りには0.4mmのプラ板を貼り付けます。 上下する可動部は1.0mmのプラ板から作りました。
出来てから思ったけど、周りの0.4mmの板はこんなに高い必要ないなー。。 枕木と同じ高さでもよくなくない?

レイアウトの醍醐味はアンカプラーだっ、と思う方は〜→ 人気ブログランキングへ

ブログ村鉄道模型の入り口→ にほんブログ村 鉄道ブログ 鉄道模型へ

posted by こども局長 at 23:57| Comment(4) | TrackBack(0) | トーマスのレイアウト製作 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
枕木を一個ずつ接着するんですか?
すごいですね@@
やっぱそこまでやらないと良い集電は期待出来ないんだろうな〜・・・
うちなんか適当にタッカーでバスンとやってお終いだから酷いもんですよ、あはは^^;
Posted by トッパット at 2010年03月10日 00:33
いやー集電の期待とゆーより、単にカーブがきつすぎてそのままだと枕木の並びが醜くなるんで、バラバラにしただけで、、、^^; 直線の部分はそのまんまです☆
Posted by こども局長 at 2010年03月10日 01:21
うわ〜@@
そ〜ゆ〜事か〜!
篠原のフレキをバラしたんですね。
しばらく拝見してなかったもんで今過去記事見て把握致しました。
こりゃまたごっつい事してますね〜、
完成が楽しみ^^

Posted by トッパット at 2010年03月10日 02:08
か、完成?^^; いつでしょねねねね(大汗)
Posted by こども局長 at 2010年03月10日 22:53
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。

この記事へのトラックバック