2010年03月16日

ドキドキタップ立て♪

今日は、ひっさしぶりの代休〜^^
仕事がちょっと一段落したもんで〜。 まだ続くけど…(;_q)

どうやって台車を取り付けるか考え中 M2タップを入手
郵便車の台車を取り外し、周りのモールドなんかもきれいにカットします。 さてどーやってボギー台車を取り付けるかですが、、 タネ車は2段になったピンが出てて、これに台車をはめて、上からビスでとめる構造です。 一番手っ取り早いのはこの部分を丸ごと移植することですが、高さ調整のためにアルミをかなり削る必要があるのでパス。 いろいろ考えた結果、部品を作ることに(・3・)
タップハンドルは前に入手してたので、M2のタップを入手しました。 は、はじめてのタップ立てで、ドキドキ♪ 大人モデラーであれば真鍮でかっちょよく作るところでしょうが、、こども的にプラでお手軽工作とします。(←えー)

1.5mmの下穴をあけて タップ立て
まずは下穴をあけます。 5mmの角棒を使いました。 鉄道模型工作技法によると、M2の場合x0.8=1.6の下穴を、と書いてましたが、手持ちの1.5mmで穴をあけます。 そしてタップ立て☆ 慎重に、中心がぶれないように〜
プラ棒を整形 ボディに取り付け
穴あけに成功したら、プラ棒を整形します。 うーん、なかなかうまくいきました。
でも、4つ作るには根気が必要です。。。 

代休好きな方はポチっとよろしく〜v→ 人気ブログランキングへ

ブログ村鉄道模型の入り口→ にほんブログ村 鉄道ブログ 鉄道模型へ

posted by こども局長 at 20:20| Comment(2) | TrackBack(0) | ソドー郵便車 1:76 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
プラ角材のような柔らかい素材にタップたてるのなら、タップハンドル使わずにピンバイスでタップ加えた方がうまくいきますよ。
それからタップの下穴は、ネジ径の八掛けというのは正確ではなくて、ネジ径ータップのピッチ 2-0.4=1.6が正しい値です。
Posted by ゆうえん・こうじ at 2010年04月25日 21:22
ゆうえんさん、コメントおおきにです。
確かに、、、ピンバイスの方が断然安定して回せますね。。。 今度からそーします^^
うーん、知りませんでした下穴の算出方法。。。 てか、今ネットで調べて、M2の並目ネジのピッチが0.4というのを初めて知りました(爆)
これからもよろしくお願いします。m(_ _)m
Posted by こども局長 at 2010年04月25日 23:56
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。

この記事へのトラックバック