2005年03月08日

シャーシと動輪の仮組み

シャーシと動輪の仮組み

シャーシ切欠き完了したので、動輪高さのばらつき確認の為一度仮組みしてみました。

レール(PECO製は工具買出しの際、ジョーシン・スーパーキッズランド日本橋店でGetしました。だめもとで店員さんに聞いたら「Oゲージのレールもありますよ」とのこと。いやーそろそろ入手しなければと思っていたので大喜び。でもちょっとオーバースケールのように見えるのは気のせいでしょうか??
(仮組みも単にレールに乗せてみたかっただけ。。)

写真では少し分かりづらいですが、真中の動輪が浮いてます。Hornblockをシャーシにハンダしてから動輪の高さ出しをするつもりでしたが、それだと板バネが邪魔してHornblockが分解できないことが分かりました。そこでまず各Hornblockを仕上げることにし、動輪高さはその取り付け位置で調整することにします。

次回はいよいよハンダ付か!!

posted by こども局長 at 01:01| Comment(2) | TrackBack(0) | トーマス製作 1:43.5 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
私も昔、万力とコンパスを鉄の塊から削り出したことを思い出しました。
頑張ってください。
Posted by me at 2005年03月08日 01:39
塊から万力ですか、、、。
さすがに万力自作は無理です。模型がいつまでたっても完成しそうにありません。(笑)

でも模型工作にちょうどいい大きさで精度のいい万力ってあんましなさそうです。今回買った万力はまだ使ってないのでなんともいえませんが、一般DIYのお店で扱っているものよりはよさげです。
Posted by こども局長 at 2005年03月08日 02:08
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。

この記事へのトラックバック