2005年04月03日

台枠の加工

久しぶりに本題のキット組み立てを行いました。

シャーシが大まかに出来ましたが次に何をするか悩みました。足まわりのディテールは、ブレーキのロッドなどの仕組みが分かってないのと、後々の作業性を考えて後回しにすることに。
で、集電装置(Plunger Pick-Up)の組込みをするつもりでしたが、ここで今までフレームのスペーサ用穴と思っていたものがどうも集電用であることに気付きました。またスペーサが車体との固定部材としても使用されるようですので、ネジ穴をケガくため台枠(Footplate)の加工を行いました。

Plunger Pick-Up
Slater's製 Plunger Pick-Up

初心者がR付き曲げをするのも無謀ですが、台枠周りの部品精度もお世辞にもいいとは言いがたく、左右の側台枠形状が全然違います。。。うむ〜っ
どうにか台枠にRを付け、ネジ穴の場所も分かりましたのであとはハンダ付けの際に埋めることにします。

台枠とシャーシ
posted by こども局長 at 14:08| Comment(2) | TrackBack(0) | トーマス製作 1:43.5 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
まめにやってますねぇ。
しかし、本当に作るの難しそう。
ブレーキ周りの細かい部品って、わかりにくいですよね。私もプラキットですがブレーキ部品、思案中です。
また、キットと言えども、精度が悪いとだいぶてこずりますねぇ。
ガムバッテくださいまし〜。

ではでは。
Posted by (ni) at 2005年04月03日 21:27
niさんどもです。

>まめにやってますねぇ。
最近の楽しみですから(^^)/

niさんのプラキットも楽しみにしてます。
Posted by こども局長 at 2005年04月03日 23:09
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。

この記事へのトラックバック