2005年04月23日

折り曲げ加工

折り曲げ加工

早速、折り曲げ工具を使って、タンク機関車の特徴である後部石炭場(the engine rear/bunker)を加工しました。

曲げる板をしっかり固定するにはかなり締め付けないといけませんが、やはり「道具」は便利です。コの字曲げもらくらくです。ただ真中に固定ネジが通ってますで、懐の深いものを曲げるには限度があります。板幅30mmくらいまでなら問題ありません。(固定ネジと両脇にあるガイドの幅が30mmくらいなので、間に板が通れば長物も曲げれます。)

毎度のことながら機関車の構造をよく知らない局長と、不親切な組立て解説書の為、推測と部材の仮合わせをして作業を進めます。

posted by こども局長 at 23:40| Comment(2) | TrackBack(0) | トーマス製作 1:43.5 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
初めまして。
初めて書き込み致しますが、少し前から時々のぞいています。

先が楽しみです。それにしても組み立て解説書は僕も不親切だと常々思っています。

参考にしていますので頑張って下さい。

草々
Posted by アンディ at 2005年04月24日 21:53
アンディさん、はじめまして。
当サイトにようこそ!

そうですね、解説書って難しいです。

このキットは古いせいかテキストがメインの解説ですが、他のメーカや最近のものは図説も結構あるようです。
この難問読解も楽しみと思って精進します。。。
Posted by こども局長 at 2005年04月25日 02:11
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。

この記事へのトラックバック