2007年01月19日

モーターと車軸

とんでもない勘違い発覚っ。

車軸とベアリング 間違い例

中間車輪はベアリングを両端に取り付けシャーシに組み込んでいたのですが、正確には車輪がこのベアリングを「通る」必要がありました。
(→メディカルアートさんアドバイスありがとうございましたっ)
ベアリングの内側端にはうっすらかえりがあり、ちょうど車軸の端ときれいに面がそろいます。なもんで、てっきりこういうものかと。。。
でも以前からどうも変だとは思ってたんです、モーターがグラグラするのはどうかと(^ ^; )
右上写真:とんでもない勘違い写真

ベアリングはシャーシにハンダ付けして固定します。ベアリングのつばが動輪とシャーシの間のスペーサーになり、その厚みで動輪がシャーシに当たらない仕組みです。まずベアリングのかえりを購入したリーマーで取り除きます。
ベアリングはモーターマウントも通ります。このマウントも穴が小さく、リーマーで穴の拡大工事。こうすることでマウントとベアリングもハンダ付けでき、モーターとシャーシが固定されグラグラすることはありません。
写真右下が正しい構成。まだハンダ付けしてません。車軸⇔シャーシがうまく直角になるようにベアリングを固定しなければなりません。
どうやってハンダするか検討中。。。

リーマーで穴拡大 正しい組み方
posted by こども局長 at 23:57| Comment(2) | TrackBack(0) | トーマス製作 1:43.5 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
ううむ・・・・・・・
勉強になりますすす(←ちょい真似)

これからも期待してます。
Posted by トッパット at 2007年01月20日 12:53
あ、どーだろ勉強になるかは・・・
「なんちゃって工作」ご了承くださいませ。

実はワタシもトッパットさん真似して、本文の拡大テキスト制導入しようか考えてたとこです。(笑)
Posted by こども局長 at 2007年01月20日 18:17
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。

この記事へのトラックバック