2005年05月19日

側梁の作り直し

部品切出し

キットに含まれていた側梁を勇んでハンダ付けしたのものの、やっぱり小さすぎて作り直すことに。

原型であるE2の写真を見てももう少し厚みがあり、もっと側寄りまできてます。これが台枠なので当然と言えば当然ですが、キットのけがき位置通りに作るとだいぶ奥に入り込んでしまいます。TV版トーマスの車体幅は思った以上に狭そうなので側梁の位置はこのままで厚みを増やし、車体幅を少し詰めることにします。
糸鋸にも少しずつ慣れてきました。

posted by こども局長 at 01:40| Comment(2) | TrackBack(0) | トーマス製作 1:43.5 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
ここまでできるならば、次回はスクラッチビルドチャレンジもいいかもしれませんね。HO か、S サイズでしたら、ハンダ付けも O より若干楽になります。パーツもいろいろ手に入れやすいですからね。主台枠とロッド回りさえきちんと作れば走ります。イコライジングとか面倒な問題もありますが、まともに走ることよりも完成させることが大切かな〜なんて。

最近、ポール電車ばかり作っている私も蒸気を久々にやりたい気分になってきました。
Posted by 師匠 at 2005年05月21日 09:16
Oサイズに慣れてくると、HOでも小さく見えてしまいます。問題は小さい工作に根気が続くかどうかです。。。もう若くはないんですね、とほほ。

次機はパーシーを密かに計画中です。
でもピッタリの原型は無いので、トーマス組立てより手直しが必要そうです。スクラッチはもう少し修行してからです。。。
Posted by こども局長 at 2005年05月21日 20:44
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。

この記事へのトラックバック