2020年06月07日

レイアウトの台

今の模型机
実はこども局長、5年くらい前に大阪から京都に引越ししたんです。
で、2年くらい前にもう一回同じ京都内で引っ越しして今のところに住んでます。
(5年で2回も引っ越しwwww)
今の場所にはなんと!3階に屋根裏部屋あり、なので模型ガラクタ(他人から見れば?)は屋根裏に片付けてる風を装いつつ、着実に模型スペースを広げてるんですウヒヒ(*´∀`*)

屋根裏3階という単語だけで言えば、モデラーの天国イメージあるかもですが、、、天井高さはたったの137cmしかなく(歩く時は常に前屈み)、夏はめちゃくちゃ暑いです、、 プラスチック製の模型が溶けないか心配になるくらい←ガチ(笑)

床置き状況
ストラクチャーとかの小物類を作り始めたとはいえ、レイアウトは床置き。パーツを作るにしても、どこにどう配置するとかレイアウト全体像を考えながらじゃないと工作も進まないなぁ、と。
またーりレイアウト制作するのであれば、レイアウトを床に置いてではなく、椅子に座って作業が出来るように、また目線に近くなるようにかさ上げ台が必要だと気付きました。

レイアウト台イメージ
てことで、こんな感じのイメージを検討中。


床置きはあかんと思った人はポチッと→ にほんブログ村 鉄道ブログ 鉄道模型へ にほんブログ村 その他趣味ブログ 模型へ にほんブログ村 鉄道ブログ 鉄道模型 レイアウト製作へ

posted by こども局長 at 14:37| Comment(0) | トーマスのレイアウト製作 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。