2020年11月05日

照明は大事です♪

PanasonicのSQ-LC516-K
机の照明がなんかしっくりこないので、、新調しました♪

これまでLEDの電球型灯具をシェード付きで使用してきましたが、アームの締め具がバカになって垂れ下がるため、落ちてこない上の方にして作業してました。でもやっぱりこれじゃあ不便だし、手元が暗くて老眼をさらに加速させそうだったので(笑)、新しく購入しました♪

条件は、
・自由に位置を動かせること、
・机全体を照らせること、
・調光できること、
・演色性(Ra値)が高いこと
・机にクランプで止められること、
・シュッとしてること(←関西人笑)

机照明Before 机照明After
ネットで色々見ながらかなり迷いましたが、、PanasonicのSQ-LC516-Kにしました。
アームが三段折れになるのと、Ra83というのも試してみたかった。
使った感想は、、、めちゃ明るい〜♪/// 「文字くっきり光6200K」はいざって細かい作業をするときに重宝します。 まぁ普段は60〜80%くらいの明かりでも十分です。(^^)

併せて、机の左に置いていたボール盤を右に移動させ、左に照明を設置しました。これで手元(右利きだし)も明るく照らせるはずー!! 大阪では机の右側にボール盤を置いてたけど、こっちでは置いてるだけで使ってなかった。。。


JolyJoyの照明
それに加えて、、、、 さらに照明を入手しました♪おほほ(*´艸`*)
もうひとつはレイアウト用です。

屋根裏部屋は最低限の天井照明しかないので、照明から距離があるところは夜かなり暗くなります。 影もすごく出来ちゃうし。。。
で、ここはプロっぽい撮影用照明とか!(こんなイメージ)も考えたんですが、、広いスタジオならともかく狭い屋根裏部屋なので、周りに三脚を設置するスペースがほとんどないなぁと、、(;´ω`)

レイアウト用照明の条件は、、
・光る面が面発光で、なるべく広い範囲を照射できること
 (ひとつじゃ足りないと思うので複数にすることを考えてます)
・天井高さが低いのでスリムな形状、
・調光に加えて調色出来ること、
・自立するなら脚は小さめ、もしくは周りの棚から支えられること

レイアウトのBefore

5500Kの色温度 3000Kの色温度
てことで、JolyJoyというメーカーのクランプ型の机照明を買ってみました。

大陸製だったので(失礼)ちょっと不安はあったけど、、アルミ形材でしっかりしててクオリティ高いっ!! すごくコンパクトで品質感のあるデザインです♪
もうちょーーっと光源部の長さがあれば言うことなしだったけど(これはレイアウトのサイズ的にってこと)、これでも十分かも。かなり満足度高いです! 欲を言えば、、、何人かの人がレビューで書いているように、照明に刺すACアダプターの部分をL字形にするとか細かな工夫があればいうことなし。
レイアウト台に横からクランプではさんで固定しています。イイ!!♪ あとは手前からも光を当てられるように補助的に別灯具を足すことも考えます。
めちゃコンパクトな照明
背景どうするかなー。


物欲バンザーイ笑→ にほんブログ村 鉄道ブログ 鉄道模型へ にほんブログ村 鉄道ブログ 鉄道模型 レイアウト製作へ 

posted by こども局長 at 09:43| Comment(0) | 工具・素材など | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。