2020年11月20日

ドキドキ配線

デコーダーの配線テストをすべく、昔の初心者解説本と、自分の過去記事、KATOのDCCマニュアルを読みながら復習(笑)

ひさしぶりのDCC配線
こここんな感じかな、、恐る恐る、、さてドキドキのスイッチONわーっ!!!

点灯したーーーーー!!
ついたーーーーーっ!!!!\(≧∇≦)/ 素直にうれしすー(T_T)
てDCCって簡単じゃん!(*´∀`)←どの口(笑)

配線は、青→CRD(定電流ダイオード)→整流ダイオード→LEDプラス→LEDマイナス→白、赤と黒はレールからの集電を。

ネットでいまさらながら、定電流ダイオードと整流ダイオードの違いを調べてたら、LEDを並列繋ぎする時は整流ダイオードをマイナス側にしてる配線図を発見、、え、それでもいいの???

配線順番を変えてテスト
青→CRD(定電流ダイオード)→ LEDプラス→LEDマイナス→整流ダイオード→白
これでも点灯するなぁ、、この方が配線スペース的には楽なのでこれで繋ぐかな。
※抵抗もCRDもマイナス側に繋いでも同じ働き方をするとのことです。

デフォルトのデコーダー番号3で、F1でのライト点灯テストは出来て、なんとかかんとかデコーダー番号をBachmannトーマスと同じ21にも変更出来た。、なんんだけど、たまーにF1押してもつかない時があるんだけど、、なななんで?? なぞ。。。

ライト点灯の番号変更は、、、過去の自分の記事を見て思い出した! CV61を[02]、CV64を[03]に変更することでF4でライトON/OFFできるようになりました♪
TL-1の配線
配線、今回は備忘録として書いておくことに(笑)

DCCやっぱ難しーー(;´Д`)←笑 にほんブログ村 鉄道ブログ 鉄道模型へ にほんブログ村 鉄道ブログ 鉄道模型 レイアウト製作へ 

posted by こども局長 at 01:53| Comment(0) | アニーとクララベル 1:76 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。