2021年01月30日

次のDCC化は、、

今年の抱負にも挙げましたが、もう少しDCC化した車両が欲しいところ。
制作中の「Toryreck Junction」レイアウトは急カーブのため小型車しか走れないので(笑)、走行可能な車両をDCC化していきます〜。(今は2台なので寂しいし〜笑)

Bachmannのソルティやメイビスは、既にDCC化したトビーと同じくらい走行性能も良く候補なんですが、そーいや昔、蒸気機関車のサウンドデコーダーを買ったなぁと、、(→過去記事) それならエドワードに搭載出来るじゃん!てことで次のDCC化はエドワードに決定〜\(^^)/

Bachmann エドワード、昔にちゃんと買ってます〜。ホイールベースが短いからうちのレイアウトも楽々走行出来ます!

a910_edward01.jpg a910_Loksound.jpg
とりま、昔買ったサウンドDCCデコーダーを探すところから(笑)
MRCのサウンドデコーダーもあったんですがあまりにアメリカンな音(だった記憶)で音源変更出来ないので、ESUのLoksoundをむかーし買ったはず。調べたら2つ買ってました(←忘れてた笑) 2つともV3.5、、ふるっwww まぁでもいっか♪
ノーマルV3.5の音はYouTubeにも動画上げてるけど、UK whislesといいながらちょーーっとエドワードのイメージと違うんですよね。。
で、もうひとつのmicroの音がどんなのだったか全く記憶にない、、
てことでテスト基盤に繋いでみました。


おぉ!結構ソドー島っぽい音!!!
こんなの売ってたのかな、、82866って書いてるけど記憶なしwww それか音作って入れたのかな(頭がスポンジで記憶ないwww)

パソコンに残ってるデータを調べると、キャプチャした汽笛を音源ファイルにしてデコーダーに書き込んだみたい、、、どうやったか全く記憶なしwwww
昔の俺すげーーっ!!(笑)

a910_edward02.jpg
よし!このmicroをエドワードのテンダー内に格納する方向でー♪ テンダーからも集電したらキャパシター不要かな〜。
あと改造するなら、やっぱりボイラーの手すりですね、、ここを変えるならボディにヤスリかけて青色を再塗装しないと。ボディの塗装はまだいいんだけど、赤色の細いラインとかテンダーの数字をどうやって作り直すか考えないとなぁ、、


早くサウンド付き試してみたい!→ にほんブログ村 鉄道ブログ 鉄道模型 レイアウト製作へ 

posted by こども局長 at 14:12| Comment(0) | エドワード製作 1:76 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。