2007年09月15日

橋ふぇちですっ

実はこども局長、ちょっと「橋ふぇち」ですすす。
橋ふぇちに目覚めた(?)のは「英雄時代の鉄道技師たち」を読んでからでしょか。
「英雄時代の鉄道技師たち」
「英雄時代の鉄道技師たち」
菅 建彦 著
株式会社山海堂発行
2266円

本書の内容は主に、ロバート・スティーブンソン(Robert Stephenson)とブルネル(Isambard Kingdom Brunel)が携わった船やトンネル・橋などの土木技術を歴史的背景も交えながら紹介しており、とても面白かった。

ロイヤルアルバート橋 クリフトン吊橋
有名なロイヤルアルバート橋-1859年(Royal Albert Bridge)や、クリフトン吊橋-1864年(Clifton Suspension Bridge)、さすがに圧巻ですねー、たまらんちぃ(≧∇≦)/

で、こども局長が一度は本物を見てみたいのは、メイドンヘッドの橋-1838年(Maidenhead Railway Bridge)とフォース橋-1890年(Forth Bridge)。
メイドンヘッドの橋 圧巻フォース橋
書によれば「メイドンヘッドの橋は、世界で最もライズ(アーチの高さ)の低いれんがのアーチ橋として知られる」だそうで、アーチはいやはや絶妙のバランスカーブです。フォース橋を最初に写真で見たときは、空想のイラストか何かと思ったくらいです。これが1890年とは思えませんなー。

鉄道以外であればミヨー橋-2004年(Millau Viaduct)も折れそうですごいっすね。
建設中のミヨー橋

posted by こども局長 at 01:27| Comment(7) | TrackBack(0) | その他鉄道について | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
へぇ、そんな本があるとは。いや私も橋梁やアーチ橋が大好きで。
フォース橋は圧巻です。結構遠くからも見えます。ここのところずっと塗直し作業中なのがアレですけど。
Posted by 中野仁 at 2007年09月15日 03:04
色々ありますねぇ!
奥深い世界です(^^;)
Posted by トッパット at 2007年09月15日 08:50
中野さん
1987年初版です。どこで見つけていつ頃買ったかすらすっかし忘れましたが、、今でも時々読返します。

トッパットさん
どーですか、フォース橋をOOゲージでっ(^^)
てかトッパットさんの所ぐらい広くないとこれは作れませんわ
Posted by こども局長 at 2007年09月15日 14:56
え"〜!
そのいっちゃんごっついやつでっか〜・・・

http://www.ehattons.com/StockDetail.aspx?SID=7276
これをベースに作りこめばなんとかなりそうな気もしますけどね。
でも配置出来ないですよ。実は検討したけどやめたんです、この橋。
配置出来ないって事もないんだけど鉄道模型のレイアウトじゃなくて橋メインのジオラマになっちゃう。

う〜ん、面白そうですけどねぇ・・・
Posted by トッパット at 2007年09月15日 21:52
トッパットさん
いやいや冗談ですよ〜
でもサスペンションブリッジ検討してたんですね^^ さすがっ
Posted by こども局長 at 2007年09月16日 22:23
ちょっとあやふやな記憶ですが、HORNBYのその橋は単線だったんじゃなかったかな?
複線にしたい場合2セット必要じゃないですか。石積みもシールを貼るタイプでちょっとヤダなってのもあったと思います。
でも改造ベースであれば検討する価値有るかもしれませんね。あくまで検討ですけど・・・
Posted by トッパット at 2007年09月19日 13:00
写真見ると単線っぽいですね。
シールタイプってのもイヤ、、←同感です。
これ精度もあんまりよくなくて、シール貼っても真中のバリんとこでデコボコして、うむむ〜ーー;ってなるんですよ、きっと。
あくまで想像ですけど^^
Posted by こども局長 at 2007年09月21日 00:27
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。

この記事へのトラックバック