2008年04月13日

メイビスの車輪

メイビスの車輪
メイビスの車輪はAlanGibson製のディーゼル用。 3'6"径12スポークとな。車軸は長さの違う2種類、OO用とEMゲージ用が入ってます。
こども局長EMゲージって詳しく知りませんでした。簡単に言えば、英国鉄道の規格で1:76.2スケールを忠実に守るなら、16.5mm(HO)のレールではなく18.2mmのレール幅でしょう、てことだそうです。
詳しくは→E.M. Gauge Society
他にもP4ゲージ(1:76.2 レール幅18.83mm)てのもあって、すごいなーて思う。 0.63mmの差てどないやねんっ(-ω-;)、とも思う・・・

万力で強引にぃ〜
とーぜんこども局長はOOゲージ 1:72のレール幅16.5mmでいきますすすす。 まず車輪裏からビス皿を切ってクランクピン(Crankpin)を組み込みます。 車軸は今回初めて車輪に押し込むタイプ。 軸と車輪が直角になるように押し込むのは結構難しいっス。万力使って強引に〜^^; なんかいい冶具ないすかね。

今日もクリックお願いします→ 人気ブログランキング

posted by こども局長 at 01:33| Comment(5) | TrackBack(0) | メイビス 1:76 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
こども局長さん こんにちは

万力で押し込むと 両方のアゴの面の平行が出ていないので直角にならずフレが出てしまうことがありますね。
写真を見ると万力の端っこの方で圧入されていますができるだけ中央で圧入された方が狂いがでにくいですよ。
私はボール盤か旋盤の主軸で押し込んでいます。
Posted by ゆうえん・こうじ at 2008年04月13日 11:18
Posted by ゆうえん・こうじ at 2008年04月13日 11:21
ゆうえんさんアドバイスありがとーございます。

ボール盤か旋盤ですかっ。確かにこれらの方が精度ありそうですね。アダプターをどう工夫するか←ちょっと考えてみます。

位相合せは「まず目で確認しろ」て組立て説明書には書いてます・・・ で、両端の車輪にロッドを通しスムーズに回るまで調整→真中動輪も組んで調整しなさいと。
↑結構ラフです。
Posted by こども局長 at 2008年04月13日 12:02
私もB型機で、片方の動輪しか分解しないときは、ロッド組み付けて、軽く回るようになった段階でキュッと圧入するか、ロックタイトで固定しています。
ただC型以上や全動輪をばらすときは、そうやって調整するよりやはり位相治具で組んだ方が早いように思いますよ。ギア連動だと位相はええ加減で大丈夫ですが、ロッド連動の場合は低速でギクシャクしますよ、高速で走らせば気にならないですけど・・・
Posted by ゆうえん・こうじ at 2008年04月14日 01:12
ロッド連動です、、、(汗)

今作ってるものはシャーシに通してから圧入しないといけませんので、ヤゲン台での位相合せはむずかしそうです。どうするかちょっと考えます〜^^;

やはり圧入したあとは固定しないとだめですか。。。
Posted by こども局長 at 2008年04月15日 01:30
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。

この記事へのトラックバック