2008年04月30日

レイアウトの最小半径

これまでフライシュマンProfiレールの半径356.5mmを使うつもりでしたが、単一カーブではどーも線路が不自然な気がして、全面的にフレキシブルレールを使うことを検討中。それならR356.5にこだわる必要はないので、どれくらいが最小半径なのか試してみることに。。。 小さなレイアウトでは出来るだけ半径を小さくしたいものです^^。
MDF上に3種類の半径を敷きます〜 敷設完了〜♪
5.5mmのMDFに半径320、300、270の3種類のレールを敷きます。小さいRの線路敷くって結構難しいですね〜(´〜`;)
手持ちの車両でテスト
早速手持ちのアナログ車でテスト♪ さすがに2軸のパーシーはR270をクリアします。オリバー、トーマス(バックマン製)はR300をクリア。ジェームスはR320は問題なさそうですが、R300は調整必要です。HornbyのトーマスはR320無理ッス(+_+) 調整したらなんとかなるかな。。

で、結論は、、、
「最小Rは320mm、限定的にR300も可」ってことに〜ヽ(´ー`)ノ

今年のGW短いっす(・ω・`)・・・クリックよろ〜→ 人気ブログランキング

posted by こども局長 at 01:27| Comment(2) | TrackBack(0) | トーマスのレイアウト製作 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
レイアウト進行していますね。
ちなみに、私の第2次ウエルテン王国鉄道の最急カーブは R295でした。メルクリンのKレールです(2線式として使える)。
そこで、CタンクからカトーのC56まで、客車や貨車を引いて走っていました。
結構急カーブも曲がれるものですね。ただ一番の問題は連結して曲がれるかですね。
Posted by hata at 2008年05月02日 23:24
R295ですか〜
トーマスの引く客車アニーとクララベル(バックマン製)は、仰るようにカーブが小さいとバッファがあたって曲がれません。(R300はなんとか通過します) でもそのぐらいだと後から工作できますが、動力車、しかも軸固定のものは加工大変だろな〜と。。^^;
ゴードン、ヘンリーまで走らせるつもりはありませんが、せめてジェームスは走らせたい と思った次第です。
Posted by こども局長 at 2008年05月03日 12:57
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。

この記事へのトラックバック