2008年05月13日

Hattonsでお買い物〜♪

今日は先週末休日出張した代休〜
Hattonsでお買い物〜♪
そしたらタイミングよく、Hattonsにオーダしてた物が届きました。(ちと散財すぎか・・・) 目的はPECOのSETRACKシリーズのカーブポイントを試すため。レイアウト線路はPECOを使うことで考えてますが、小さなレイアウトで場所を有効に使うためになんとか「カーブポイント」を使いたいと。日本で入手可能なPECOカーブポイントは、半径の大きいSL-86とSL-87しかなくあんまし意味なし。。。
カーブポイント比較 絶縁部の長さ比較
今回購入のST-244(右R)とST-245(左R)はフライシュマンのカーブポイントより若干半径は大きいですが、絶縁部は小さめ。これなら使えるかもと期待「大」^^
普通ポイントの比較 Yポイントの比較
ついでにその他のSETRACKシリーズも注文。標準的なシリーズ(Universal Code 100)の線路と比べるとびみょーに大きさや半径が違ってたり、ジョイントが付いてたりとちょっと初心者向けな感じです。 普通ポイント(直線とR)はSETRACKの方が半径小さく便利そうです。 YポイントはCode100の方が半径小さく長さも短いので小さいレイアウトにはぐーな感じ。
これらの中から、
1)安定して走れる(集電不良の少ない)もの
2)出来るだけ半径の小さなもの
を選定します。

走行テスト〜
んで、走行テスト〜
SETRACKのカーブポイントええですっ(・∀・)イイ!! フライシュマン線路では必ず止まっていたパーシーが問題なく通過します!!(゚∀゚ )三
オリバーのバックで外R走行は問題あり パーシーのYポイント走行は時々問題あり
、、、ですが、オリバーがバックで外Rから走るとぎこちない走りをします(;´Д`A 前後逆や内Rは全然問題ありません。むずかしーもんです。
Y分岐が思った以上に成績悪く、パーシーはどちらのYポイントも時々止まり、ひどい時にはショートしてます。。たしかに絶縁部短いのでショートはまだ分かるけど、集電不良はなんで?? 念のためテスタで確認。←調べたけどあんまり理由解明には役立ちませんね・・・
絶縁部の確認 普通ポイントなら問題なし

で、結論は、、、(←えーもう?)
「SETRACKのカーブポイントと普通ポイントを標準使用に、
Yポイントは、、どーしてもの時はその時考える」 てことで〜
(o´∀`o) ←考えるのめんどーになって見切り発車

代休ばんざーいヽ(^^)(^^)ノ→ 人気ブログランキング

posted by こども局長 at 19:38| Comment(2) | TrackBack(0) | その他模型について | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
SetrackのカーブポイントをPECOの日本総代理店の機芸出版社さんが何故輸入しないのか甚だ疑問であります。

同じSetrackでも普通のポイント(ST240,ST241)はちゃんと取り扱っているのでますます謎は深まります。
こちらは小型ポイント(ST91,ST92)で代用可能だと思います。

しかしカーブポイントは代用がきかないonlyone商品なのでこれが日本で簡単に手に入るようになると、レイアウト作りの選択肢が増えて非常に便利になると思います。

代理店があるのに並行輸入しかできないのも妙な話なんで。

もし、理由を知っている方がいらしたら教えてください。

このカーブポイントの外側の半径は505mmとなっていますが、本当に間違えないんでしょうか?

CAD(XTrkCadです)を使って、レイアウトプランニングしていますが、このポイントを438mmと505mmの半径で設計すると二つのレールが完全に分かれるためには35cm以上の長さが必要になります。
実際の長さは30cm弱ですから、外側の半径は640mm程度かと思われます。

もし何か誤解しているのであれば御指摘いただけると大変ありがたいです。
Posted by ともも☆彡 at 2008年06月24日 17:35
とももさん、はじめましてー^^
Setrackのカーブポイントなんで取り扱いないんでしょね。大きいカーブポイントあるし、てとこでしょかかかか。

半径438と505はカタログ数値で、部分的にはそーだと思いますが実際は自由曲線も含まれているかと。。。

これからもよろしくです(^^)/
Posted by こども局長 at 2008年06月25日 01:56
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。

この記事へのトラックバック