2008年05月15日

大発見っ!!(゚∀゚ )三

アンカプラーも試してみました〜 アンカプラーの種類
アンカプラー(連結開放)もいくつか購入して試してみることに。 レールはPECOを使いながらも、アンカプラーは以前の記事にあったフライシュマン製を使うつもりなのですが、他にどんなものがあるのかと。。。
届いてがっかり、HornbyのR8244を除いて全てスプリング式(←て呼ぶのかどーか)です。つまりレールの間にあるプレートがいつもバネの力で上がってて、ここを通るとカプラーが跳ね上って連結開放します。 こんなんつないだままで通りたいときはどーすんねんっ(`Д´メ)ムキッ、と思っちょりました。
↑大きな間違いでしたっ(〃▽〃)

押す時と引っ張る時の違い
@の押す時は両方連結器が跳ね上り連結が外れますが、Aの引っ張る時は片側の連結器がフックとして引っ掛かって、外れないようになってますすすす=3=3L(゚□゚)」(←興奮)
連結器先のフック形状がミソ
テンションロックでも同じように機能しますっ。 いや〜気づきませんでした。。。連結器の先がフック形状になっているのがミソなんですね〜。よーできてますわ。

てことわですね〜、、、場所によってはフライシュマンのアンカプラーでなくて、こっちのスプリング式の方が簡単で配線いらずですやんっ=3=3
ふむむ〜(-""-;)

そんなん知ってましたて方も・・・→ 人気ブログランキング

posted by こども局長 at 23:14| Comment(2) | TrackBack(0) | その他模型について | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
そうそう、簡単なんだけど良く出来てますよね。
でも外れて欲しくない時に外れちゃう事もあります。
あ、アンカプラーの上じゃなくても外れるときは外れますね!
Posted by トッパット at 2008年05月16日 00:26
>外れて欲しくない時に外れちゃう、、、
↑これが問題っすねねねね。
つながった車両全部がフックでちゃんと連結されてないだろなー・・・

英国では昔、機関車が停まる時間も惜しんで、最後の客車だけ走行中に切離したりしてたそーですわ。これと同じと思、、、やっぱだめかな^^
Posted by こども局長 at 2008年05月16日 01:20
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。

この記事へのトラックバック