2007年04月06日

DCCセットの購入

DCC事始め
ついに買っちゃいましたっ、DCCセット〜。今回もトッパットさんに便乗して購入。トッパットさんありがとうございますっ。

全くもって電気音痴ですが、近年いろんなメーカから製品が発売されていていろいろ楽しめそうです。
こども局長的DCCの理解は、

これまで(DC)   DCC
電流を多く流せば速度が上がる 常に一定の電流をレールに流す
1車両のみ制御(基本は) 複数車両を個々に制御
停止中はライトも消える 停止中もライトOn/Off可能
  あんなこと
  こんなこと
という程度っス。(>_<)

MRCのProdigy Advance2 Squared スロットル(コントローラ)
購入したのはMRCProdigy Advance2というDCCシステム。
5Ampモデルも選べるNCEとかなり悩みました。NCEは電源アダプタが別売で、日本の代用品(100VでDC-outが同じもの)がうまく見つかるか分からなかったので最終的にMRCに決定。その他の決定理由は画面の大きさや、ツマミ式コントローラが欲しかった、など。
荷物届いて早速開梱っ。スロットルはアメリカサイズのせいかちょっと大きめ。心配していた110V(←アメリカの電圧)の問題は、入っていた電源アダプタが100〜240V対応のものだったので一安心。
Oゲージであれば5Amp位の容量が必要かも、と吉田河馬歯さんからアドバイスもいただきながら実はこのMRCは3.5Ampなんですすす。で、でもOOゲージでも使いますし、、、(汗) 正直に言うと3.5Amp? 5Amp??って感じなんですがね。

RRamp Meterのテスター テスター裏とサイド
あわせてレールなどに流れているDCCやAC、DCの電圧や電流を測ることの出来るRRamp Meterのテスターを購入。
いろいろ他のサイトを読んでいると、流れている電圧/電流が測れると何かと便利そうです。

MRCのサウンドデコーダ
そしてMRCのサウンドデコーダ "HO Mini Steam Sound Decoder"も購入。思った以上に小さいですが、HO/OOの小型車への組込みはびみょーなところです。

こんなにたくさんほんとに使いこなせるでしょーか。。。これから少しずつ使用報告しますわ。

posted by こども局長 at 21:38| Comment(6) | TrackBack(0) | DCC | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする