2009年05月04日

化学雑巾で芝生表現(2)

前回の試作は色がいまいち気に入らなかったので、別の緑色を試すことに。
ターナーのアクリルガッシュ ジャパネスクカラーで試す
最初はターナー色彩株式会社(←大阪が本社とは知りませんでした)のアクリルガッシュを試しました。 色はジャパネスクカラーの若芽色と、海松茶、生壁色の3色を購入。ほんとは苔色が欲しかったのですが売り切れでした(泣)
実際には若芽色と海松茶を1:1で調色。 前回の教訓から、まずは単色をある程度水で薄めながら繊維が固まらないように塗りました。

次はリキテックスで (3)と(4)のアクリルガッシュが使いやすい
次はリキテックスでテスト。 前回のフーカスグリーンヒューでは濃すぎたためライトグリーン-パーマネントを試します。でもこれだけだと彩度が高すぎて嘘っぽいので、ローアンバーとブロンズイエローを混ぜてトーンを落とします。 比率は3:1:1くらい? そーです、色を混ぜて作るので、一度に作らないと同じ色ができないのが問題か… 並べた時にある程度同じ色味じゃないと変でしょね。
3つの違う種類の塗料と4種類の色を試しましたが、、、水性塗料よりは、アクリルガッシュの方が使いやすい→臭いもなく、伸びもよい。 色は緑から褐色までどんな色も調色可能。 ただ、ほんとの単色だけだと嘘っぽいので、(3)と(4)に別色追加を試してみます。

別色追加してリアルさを 芝生のアップ
ローアンバーとブロンズイエロー、ライトグリーンを適当に混ぜて色を加えました。 ドライブラシの感覚で毛先に色がつく程度の着色ですが、最初の単調さはかなりマシになりました。 (4)ぐらいのライトグリーンがええかとも思いましたが、別色追加すれば(3)も結構いけそうです^^ 必要な大きさに切って使えばなかなかええ感じかも♪

で、でもですねー、、、なーんかちょっとボクのイメージとちゃうんですよ〜
化学雑巾の繊維がもうちょっと密ならましなのか…
何が違うのか… ちょっと考えますです。。。

模型のリアルさとは…難しいテーマです→ 人気ブログランキングへ

posted by こども局長 at 14:04| Comment(2) | TrackBack(0) | HNモジュール | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2009年04月29日

化学雑巾で芝生表現

乾燥させた化学雑巾 2種類の比較
↑乾燥させたものです。
乾燥させただけだと繊維が固まったままなので、少し水を加えながらほぐしました。 そしたら部分的に白く色抜けしちゃいました…(汗)
材料的にはアクリル塗料の方が、経済的で乾燥時間が長く作業しやすそーです。 色については再度別色で試してみます。←やっぱり試作品はかなり濃いですわ もうちょっとイギリスの田舎らしく、モスグリーン系を目指します。

腕木信号もほぼ完成 腕木信号もほぼ完成
腕木信号もハシゴやワイヤーを加えてほぼ完成しました。 丸棒をベースに取り付け、線路脇に脱着できるようにしました。

今日もポチっとよろしく〜→ 人気ブログランキングへ

posted by こども局長 at 01:54| Comment(0) | TrackBack(0) | HNモジュール | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2009年04月26日

HNモジュール運転会☆

HNモジュール運転会
初の運転会に参加させていただきました。
自分のモジュールは未完のままでした(汗) 皆様申し訳ない。。。

場所はかなり広くて、かなり長くモジュール連結することができました。
エンドレスでない線路配置もなかなか楽しいっ! 中間駅をはさんでの2両同時運転はなかなかリアルです。
これに加えて、ダイヤ運転をするともっとスリリング(?)で楽しいそうです。

いやー楽しくて1日あっとゆーまでした。
次回参加時にはがんばって完成させますっ(`・ω・´)シャキーン
興味を持たれた方はぜひご一緒にぃヽ(´ー`)ノ
「HNモジュールへのお誘い」

キハ02と鯉のぼり 保津峡のモジュール
駅前の新郎新婦 完全自作のターンテーブル

日本型車両もなかなかいいですね〜→ 人気ブログランキングへ

posted by こども局長 at 23:57| Comment(0) | TrackBack(0) | HNモジュール | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2009年04月21日

草むら表現のテスト

丘モジュールで試したいことの1つは、草の表現です。うまく芝生感を表現できるかがポイントです。 試す手法はとりあえず4つ、
1) 芝生マット ←一番楽ちんかな
2) ターフ敷き ←マットメディウムで固定します
3) 化学雑巾 ←結構いろんな記事で見かけます
4) シルフラー(ミニネイチャーともいう) ←まだ購入してませんが高価です
、、、こんな感じでしょーか。

まずは化学雑巾でテスト まずは化学雑巾でテスト
今日は化学雑巾を試してみます。 庶茂内模型鉄道さんの化学雑巾の雑草表現を参考にさせていただきました。
水性塗料で色を付けます 水性塗料で色を付けます
色が多すぎていまいちですわ
ふちの縫い目を切って雑巾を開きます。 それらしい水性塗料を塗りつけ、ひたすら歯ブラシでなじませていきます。水性塗料は乾くのが早くちょっとずつ塗っていく必要があります。 あとあんまりいろんな色を使うと混ぜるのが大変でよけい変な色になっちゃいました。。。

アクリル塗料で試してみる ちょーっと緑が濃かったかな
次はアクリル塗料で試してみます。 色は緑と茶色の2色でトライ。 時々水を加えながらやると伸びもよく、均一にできました。 ちょーっと、緑が濃かったかな〜。理想はもうちょい薄いモスグリーンな感じ。
これらを乾燥させて様子を見ます。

モニターではなかなか正確な色が伝わりませんね〜→ 人気ブログランキングへ

posted by こども局長 at 23:58| Comment(0) | TrackBack(0) | HNモジュール | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2009年04月19日

バラスト撒き

ついにバラストを撒きましたたたた=3
初めにどうゆー順番で撒くか考えました。。。
1) レールと枕木塗装 → バラスト撒き → バラスト塗装(必要であれば)
2) バラスト撒き → レールとバラストと枕木塗装
1)のメリットはレールの錆色とバラスト色を別にできます。 いろいろ実物写真を見ていると、レールとバラストが同じよーな色になっている所も結構ありますので、今回は2)の「後から塗装楽ちんコース」でいくことにします(〃∇〃)
ウッドランドシーニックスのバラスト 平筆でならします
バラストはウッドランドシーニックス(Woodland secnics)のグレー色ミディアムサイズです。 ぱらぱらとふりかけて平筆でならします。 枕木にバラストが乗らないように根気よく整えていきます。

バラスト固定用のボンド水溶液 霧吹きで湿らせてボンドを塗布
地方路線ってことで…
固定は木工ボンドを使います。水で2〜3倍くらいに薄めて中性洗剤を数滴加えます。この中性洗剤は、ボンドを塗布する時にせっかく整えたバラストがダマにならないようにするためです。→なんですが、いざボンド水溶液をたらしていくとダマになっちゃったんで、急遽中性洗剤を加えた水を霧吹きで噴いて湿らせてからボンド水溶液をたらしていきました。
コルクを敷いて線路部分を一段高くしましたが、バラストを一度に撒いたもんで、ほとんど平らになっちゃいました(´`)↓ ま、地方路線てことでΣ(´D`lll)
これで乾燥させまーす。

ちゃんと固まりますよーにぃ〜→ 人気ブログランキングへ

posted by こども局長 at 23:58| Comment(0) | TrackBack(0) | HNモジュール | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2009年04月17日

ジェッソで地面作り

ジェッソで地面作り ジェッソで地面作り
手前の丘はリキテックスのジェッソを使って地面を試します。
300ml入りがおよそ1000円くらいなんで、プラスターと比べるとちょーっと割高でしょかかかか 非常になめらかなので舗装道路なんかを作るのには良さそうです。しかし塗ってから気づきましたが、1度塗りでは薄くてある程度の凸凹を作るには重ね塗りが必要です。 2回塗って乾燥させました。手前は化学雑巾を貼ろうと考えてるのである程度の地面でオケ!

LNERの腕木式信号機
乾くのを待つ間に以前に購入したRATIOの腕木式信号機を組み立てます。 実は今回初めて「腕木が横なら停止、斜めに下がっていたら進め」って知りました(汗) あ、このLNERのタイプは斜めに「上がって」いたら進めのようですが、、、

次はバラスト撒くかな〜→ 人気ブログランキングへ

posted by こども局長 at 23:54| Comment(0) | TrackBack(0) | HNモジュール | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2009年04月12日

プラスターで地面作り

脱着できるように土台作り
Sound Shedの配線穴をあけて、プラ丸棒をガイドにして簡単に脱着できるように土台を作りました。

刷毛で塗りつけます ヘラやバターナイフで地面作り
んで、いよいよプラスターで地面作りv
むかーし、一度やったことがあるんですが、、前はもうちょっとなめらかなプラスターだったよーな。。。 気にせずどんどん刷毛で塗りつけていきます。 ヘラやバターナイフ(←前に石膏用に買った)で形作っていきます。地肌という意味では刷毛が一番「らしく」仕上がるよーな気がします。 でも今回は芝生の丘ですからね〜^^ ちょっとならし気味にぃ♪
手前は別素材を試す意味で、プラスタークロスか、リキテックスのジェッソで作る予定☆

ちゃんと固まるかドキドキ〜→ 人気ブログランキングへ

posted by こども局長 at 23:24| Comment(0) | TrackBack(0) | HNモジュール | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2009年04月06日

ちょっとギミック?

地面の作成にとりかかろー、と思いましたがその前に…
DAPOLのSound Shed Sound Shedを分解してみる
以前海外注文をお願いしたときにおまけでついてたDAPOLのSound Shedが目につきました。 信号機をレール横に置くつもりなんですが、それだけだとちょっと唐突な気がしてたのでちょうどよさげな気も…^^; どんなものかもよく分かってないので、説明書を読むと、、、 。。。 よーわ、車両が通過したらセンサーが感知して音が鳴るそーなっ=3 分解してみると結構「いろいろ付いてます」(←なんじゃそりゃ) 早速どんな音が鳴るか実験〜♪
実験したけどいつ鳴るか予測不能… 土地の整地しました
ですがねー、どのタイミングで音が鳴るかよく分かりません(汗) 部屋の明るさや、通過スピード、車両のツヤありなしによっても反応するしないがあるようです。。。 ま、線を出してれば好きな時につなげるし、ダメならオブジェと割り切ります。 ちゅーわけで、土地スペースを確保するために無理やり整地しましたv

う〜ん、間に合うかなぁ〜→ 人気ブログランキングへ

posted by こども局長 at 23:08| Comment(0) | TrackBack(0) | HNモジュール | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2009年03月15日

地形作りはじめ

いよいよ地形を作ります。
スタイロフォームで地形作り おおまかな地形固定
近所のコーナンで断熱材を購入してきました。 スタイロフォームと呼ばれるものです。 前は青色のものがあったのですが、白色しか売ってませんでした。900x1800x30mm で990円、模型用の小売りを買うより断然安いです。
少し大き目のブロックを丘の形状に貼り合わせ、スチノリで固定した後にカッターで削りながら整形していきます。
一部先に塗装 地形削りだし
固定の前に一部水性塗料で筆塗りしました。 レイアウト制作過程で(水を多用すると?)フレームの木が反ったりするとも聞きますがほんとのところどーなんでしょ。。。 HNモジュールでは台枠は緑で塗ることになっていますので、緑の塗料を使います。
んで、削りながらの地形作成です。 カッターの刃は新しいものに交換して少しずつ形を整えます。 こんなもんでしょうか。。。 次この上をどーしよ〜、、(1)プラスターで地形づくり (2)プラスタークロスで地形づくり? うむー

ハンドヒートカッター欲しいなぁ〜→ 人気ブログランキング

posted by こども局長 at 22:55| Comment(2) | TrackBack(0) | HNモジュール | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2009年03月10日

モジュールのカバー

モジュールのカバー プラダンのカバー
地形成形の前にHNモジュールのカバーを作りました。材料に何かいいものがないかあれこれ考えていましたが、(1)軽くて(2)ある程度丈夫で、(3)加工性に優れて(4)あまり高くないものってなかなかないです。。。(←おいおい) 最終的には畑川さんの案を拝借してプラダン(プラスチック段ボール…初めて呼び方知りました。。)を使用することにぃ♪
ほんとはカバーの内側に背景が貼り付けてあって、開くと背景付きモジュールの出来上がり〜ぐらい簡単にいきたかったのですが、背景の高さとカバーの高さは同じにできそうにないので諦めました。 背景は別途考えます〜^^;
配線の固定
裏の配線はホットグルーガンで固定しました。

今日もクリックよろしく〜(o´∀`o)→ 人気ブログランキング

posted by こども局長 at 22:27| Comment(0) | TrackBack(0) | HNモジュール | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2009年02月15日

HNモジュールの脚

久しぶりにモジュールの工作しました。
一部切り欠きした脚
HNモジュールではレールの高さは床面から940mmと規定されています。これは座った時にちょうど目線高さにレイアウトが見れるようにとのことです。 最初に作った脚を調整できる真ん中くらいで高さ940mmになるように位置決めして、一部切り欠きした脚を取り付けます。 でもこの、一部切り欠きするのが大変でした。縦目でちゃんと直角に切るのは難しー…
脚を四隅に取り付け 脚を四隅に取り付け
で、この脚を四隅に付けるつもりでしたが、ここで問題発覚。裏からドリルで穴をあけよーと思っていたのですが、ドリルが入りません… なもんで、1枚板を追加してその横に脚を付けることにしました。

右が赤、左に黒のミノムシクリップ ベース完成〜☆
配線は上から見て右が赤、左に黒のミノムシクリップを取り付けました。 これでベースはほぼ完成。次は基本地形の作成です。

今日もポチっとよろしく〜→ 人気ブログランキング

posted by こども局長 at 22:35| Comment(0) | TrackBack(0) | HNモジュール | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2009年01月25日

接続穴と収納方法

モジュール接続用の穴テンプレート テンプレートで穴あけ
モジュール接続用の穴をあけるためにプラ板でテンプレートを作りました。 8mm径の穴を2つあけますが、テンプレートには3mmの穴をあけています。 これは、まず3mmの穴を(ピンバイスで)あけてガイドとし、電ドラで8mmの穴をあけるためです。いきなり電ドラ使ったら絶対穴位置がずれそうなもんで、、、f^_^;) 7mmのMDFではちょっと薄いので、接続穴付近は厚み12mmの板を裏から追加しました。
プロテクト兼運搬用のパネル
両サイドに取り付ける、プロテクト兼運搬用のパネルを作りました。同じく7mmのMDFを使用。取り付けは接続用の穴を使います。

収納方法♪
↑んで、これが奥行350mmにした理由です。このサイドパネルを付ければ、ちょうど局長部屋のカーテンレールボックス上にぴったり納まりますv
ぅわっははー なもんでなるべく軽く作りたいわけで☆

はやくカバー考えなきゃ〜→ 人気ブログランキング

posted by こども局長 at 23:15| Comment(0) | TrackBack(0) | HNモジュール | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2009年01月23日

線路敷き完了〜☆

線路の裏に配線を半田 線が飛び出ないように
線路を敷く前にHNモジュールの規格に定められているフィーダーを付けます。線路の裏真ん中ぐらいのところに配線を半田します。配線を通すところはコルクの一部を削り枕木から線が飛び出ないようにします。

固定するピンをどれにするか シノハラのHO犬釘で固定
レールを固定するピンをどれにするか。。。写真左から、シノハラのHO犬釘、PECOの線路固定用ピン、DIYのお店で買ったこびょう。 PECOのピンは細くて目立ちにくそうでええのですが、長さが14mmもあります。 枕木+コルク+ベースのMDFで11mmくらいしかないのでやめ。(飛び出た分は切り飛ばしたらええのですが) 今回はシノハラのHO犬釘を使うことにし、適当な間隔でレールの外から固定しました。

定規を当てながら直角を出す ゆがみの無いなめらかカーブに
モジュールの端では線路が直角になるように定規を当てながら調整します。←どれだけ正確か怪しいもんですが、ちょっとぐらいならつながるだろーてことで^^; 線路は慎重に敷きました。綾雄鉄道yuさん記事を参考に、レールに定規を当てながら直線を出しました。←ちょっと違うけど…(´3`) おかげで満足のいく直線が出来ました。 ゆるやかなカーブは、もーレール目線で何度も見ながらゆがみ無くなめらかになるように曲げました。計画当初はR2800くらいのカーブて書きましたがそんなに大きくないですわ。。
次は脚の取り付けと、連結用穴あけです。

線路敷くの結構難しいです〜→ 人気ブログランキング

posted by こども局長 at 22:48| Comment(2) | TrackBack(0) | HNモジュール | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2009年01月21日

丘モジュのコルク敷き

G17ボンドでコルクを固定 コルク端部は斜めに面取り
線路の下には消音も兼ねてコルクを敷きます。虎の巻によると厚さ3mmのコルクが良いようですが、なかったので手持ちの2mmで進めます。←幹線じゃないローカル線ってことで^^;
コルクは真ん中で分割したもの(ま、はさみで大雑把に切ってゆがんでるんですが)を、G17ボンドを両面に塗り表面が乾いたころに強く圧着します。すぐに固定できるので作業が楽です。 固定後、コルクの端部は斜めに面取りしました。
レールはPECOのコード100を使用
次こそは線路を敷きますです〜(〃∇〃)

収納カバーも考えなきゃ→ 人気ブログランキング

posted by こども局長 at 01:03| Comment(0) | TrackBack(0) | HNモジュール | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2009年01月18日

丘モジュのベース完成♪

下穴とサラビス用面取り 真ん中にもMDFを立てました
パーツの切り出しも終わり、いよいよ組立てました。
直角側の端から、下穴をあけサラビス用に面取りをしてビスで固定します。反対(10度の角度付き)側も同様に固定し、コバはカンナで仕上げます。 真ん中にも補強として7mmのMDFを立てました。
丘モジュのベース完成♪ カーブはおよそR2800mmくらい
トップの平面も同じく7mmのMDFを使い、小さい釘で固定しました。 カーブはおよそR2800mmくらいになる予定〜☆
これでほぼ丘のモジュールのベースが完成しました♪ 次はレールを敷きます^^ そろそろ地面をどう作るか、「発泡材積み上げ?orメッシュ状プラスタークロス張り?」を考えなきゃ=3

今日もポチっとよろしく〜→ 人気ブログランキング

posted by こども局長 at 19:11| Comment(2) | TrackBack(0) | HNモジュール | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする