2009年11月22日

桁違い…

コンデンサ実験しました。 下の写真のようにつないで、レールのところで電気を入/切します。 
370μFのバイポーラをテスト
積載難しいのは100も承知で370μFのバイポーラから。。。 全く変化なし。電気が切れたらすぐ止まります。。 ←えー…(´Д`ι)アセアセ

1000μFを同極で直列でつないでテスト
次は容量の大きい1000μFを同極で直列につなぐ方法。これだと無極性コンデンサになるはず?、、 ですがこれも結果変化なし。。。

スーパーキャパシター
念のため、銀座軽便倶楽部さんから購入したスーパーキャパシター(コンデンサ)を試してみました。 これなら電気切った後に惰性走行しました! ただし電気が切れると速度は急に落ちて、それからとろとろと走るという感じです。
もしやF値がと思い、銀座軽便倶楽部さんに聞いてみるとこのスーパーキャパシターは1Fとな。。。 調べると、、、

1F
1000,000μF
0.000001F
1μF
0.000047F
470μF
0.001F
1000μF
※ F=ファラッド μ=マイクロ

こりゃー、普通のコンデンサ使っても全然足りないってことですね。。。
コンデンサは諦めるかぁ〜

せっかくたくさん買ったのにぃ(T_T)→ 人気ブログランキングへ

ブログ村鉄道模型の入り口→ にほんブログ村 鉄道ブログ 鉄道模型へ

posted by こども局長 at 21:36 | Comment(0) | TrackBack(0)
トーマスDC(Hornby) 1:76

2009年11月21日

コンデンサ修行

前回更新から約2週間も過ぎちゃいました。。。
忙しい時でももうちょっと更新するように心がけたいと思います(つω`*)

トーマスの車輪ゴムを取り外して集電ヵ所を増やしましたが、さらにスムーズな走りを目指してコンデンサを組み込んでみよーと思います。
ちょっと大きいコンデンサ 走行テストしたけど…
既にヘンリエッタには搭載済みですので早速実験〜 まずは25v-470μからテスト。。。 うーん、あんまし変化なし。動力車なんでもっと大きなものが必要なんでしょーか。試しに1000μでもやってみましたがスムーズなような変化ないような…

ここでちょっと気になったのは…
前回ヘンリエッタはDCCだったので極性は気にしませんでしたが、アナログDCなら前進後進で電気の向きが変わるので(←ほんまかオレ?)ブリッジダイオードとかが必要なんじゃ… 色々調べてみると、コンデンサは電流の向きがあり、反対向きはダメとな。つまり逆向きの流れになっても問題なくコンデンサに電気を貯めるようにブリッジダイオードがいるんじゃ、 あ、でもそれだと一方方向しか動かないか…
ん、軽便祭でゲットしたコンデンサはモーター直付けってイラスト解説あったんだけど… はて? でもMAX5.5Vじゃあ容量小さいよーな。。
わー、全然解りません↓

やりたい事は
1)DCで走行中に一時的な集電不良をコンデンサでカバーする。
2)進行方向のライトのみ点灯させる。

2)は簡単に実現できそう。こんな感じでしょうか。
前進後進でライトがON/OFFするつなぎ方

でもコンデンサについては、手も足もレレレのれですわ。。。 これは勉強するより、聞いたほーが早いっ!てことで、会社で電子回路に詳しい方に教えていただきましたっ(しさんおおきにです^^)
極性の無いコンデンサもあるそーな。 ←これだとモーターに並列につなぐだけなので楽ちんです。

無極性コンデンサ
早速本日、日本橋のパーツ屋さんに行ってきましたっ(*゚∀゚)=3
無極性(バイポーラ)コンデンサありました! メタリックグリーンでやる気満点(←?)
なんですが、極性有りと比べると、でかいっす… ウィキペディアによると「コンデンサの直列接続となるため、単位体積当りの容量は半減する」とあります。 ん、直列接続? こんな記事「直列に接続すると極性をなくすことができる」も見つけました、、、 ちゅーことは分散して組み込めるのであれば有極を2つつなげても同じなのか。
一度テストしてみるかなー。

チンプンカンプン→ 人気ブログランキングへ

ブログ村鉄道模型の入り口→ にほんブログ村 鉄道ブログ 鉄道模型へ

posted by こども局長 at 23:49 | Comment(0) | TrackBack(0)
トーマスDC(Hornby) 1:76

2009年11月08日

ゴム無しで(〃▽〃)

トーマスの走行性能が悪いので、なんとか改善しよーと思います。
ゴム付きの車輪
以前、ピックアップ(集電シュー)を追加しましたが、ちょっと弱すぎて走行中にいろんなところに引っかかってしまい、うまく機能しません。 それでなくても集電車輪が少ないので、ピックアップを付ける前にまずは中間動輪のゴムを外して、この車輪からも集電できるようにすべきかと。

ゴムを取ります 0.2mmの洋白板を切り出し
分解してゴムを取り除きます。 ゴムの溝には0.2mmの洋白板を埋めます。 幅を測ってカッターで切り出しました。

車輪にハンダ付けします これでどーでしょ
久しぶりにハンダ使いました(´3`) プラの部分もあるので、部分的にハンダを流すのみとしました。 最後は旋盤に取り付けてヤスリで整えました。
走らせてみると、、、多少の段差でも止まらず走るようになりました! ←えーほんまかな〜(自分でも半信半疑) もっと条件の悪いところでもテストしてみます。
もう少しスローで走れるようにギア比も変更したいのですが、、、 うーん、それはハードル高すぎるかな〜^^;

コンデンサも入れるかな→ 人気ブログランキングへ

ブログ村鉄道模型の入り口→ にほんブログ村 鉄道ブログ 鉄道模型へ

posted by こども局長 at 22:57 | Comment(7) | TrackBack(0)
トーマスDC(Hornby) 1:76

2009年10月28日

テカテカはちょっと、その2

車輪を塗装前 車輪とロッドを塗装しました♪
テカテカはちょっと、、その1 ←の記事

Hornby製トーマスの車輪はもっと金属色なので、こっちも塗り塗り。 車輪は「スカイブルー(34)」を塗ってロッドはマットブラックを塗りました。

次の車両工作どれにするかなー→ 人気ブログランキングへ

ブログ村鉄道模型の入り口→ にほんブログ村 鉄道ブログ 鉄道模型へ

posted by こども局長 at 23:37 | Comment(0) | TrackBack(0)
トーマスDC(Hornby) 1:76

2009年07月27日

トーマスのチューニング

追加したピックアップ 第2と第3動輪の間の片側に
やはり、ピックアップ(集電)を追加しました。 第2と第3動輪の間の片側です。 あとで黒く塗っとこー。 実際走らせてみると、、、、無いより有るほうが、、、 走りが良くなったような(←えー?) まだまだスムーズじゃないですね〜。 あと考えられるのは、、フライホイールの追加や、ギア比変更かなぁ どーしよ…

ブレーキホースを作る ほぼ完成〜♪
ブレーキホースを作りました。ゆうえんさんのコメントをもとに端材の真鍮棒に0.3mmと0.25mmの燐青銅線を使って巻きました。細い真鍮棒がなかったので別素材で代用。。。^^; 0.3mmくらいがちょうどよさそうです。

あ、動輪の汚し塗装忘れてた→ 人気ブログランキングへ

ブログ村鉄道模型の入り口→ にほんブログ村 鉄道ブログ 鉄道模型へ

posted by こども局長 at 00:51 | Comment(0) | TrackBack(0)
トーマスDC(Hornby) 1:76

2009年07月20日

基本の走りを極めるっ

↑大そうなタイトルですが(汗)、トーマスの走りを改善しようと思います。
Hornby製トーマスはバックマンと比べるとそれほど悪くはないのだけれど、スムーズさがいまいち。。。
モーター性能のテスト
で、最初はモーターを交換すべきか検証しました。 みのむしクリップを使って電気を直接モーターにつなぎ走行テストしましたが、これだとスムーズに走ります。 となると、レールからモーターまでの間に問題ありということです。 車両をよく見ると真ん中の車輪はゴム付きで集電されていません。 車輪からの集電は片側のみで、ダイキャストのシャーシから反対の車輪につながっています。つまり片側前後の車輪からのみ集電されていてるわけで、もう少し集電箇所を増やしたいところです。

車輪間に集電シューを追加 反対側の集電シュー
そこで、車輪の間に集電シューを追加してみました。 カーブを走行中でもちゃんとレールを擦らないといけないのに、思った以上に車体が振られシューがレールから外れてしまいます。 外れるだけならいいのですが、周りのものに引っかかったりします。 かといってシューを大きくしすぎると、ポイント部分で隣りのレールにあたってショートするし。 むーん、なかなか難しいもんです。。。

接点を磨いてきれいに おもりも追加
車輪間の集電シューは一時取りやめ、中間車輪の集電箇所を追加しました。 どこまで効果があるか分かりませんが… それよりも基本に立ち返り(←?)接点を磨いてきれいにしました。 こうしてみると接点多いですね〜。
ボディには以前購入のおもりも追加しました。 ちょーっと重すぎたかな。。。 走行音が大きくなりました^^; これで一度走行テストします〜

タイトルの割にいまいちですね…→ 人気ブログランキングへ

ブログ村鉄道模型の入り口→ にほんブログ村 鉄道ブログ 鉄道模型へ

posted by こども局長 at 23:04 | Comment(0) | TrackBack(0)
トーマスDC(Hornby) 1:76

2009年07月12日

お初のケーディカプラー車

ケーディカプラーの高さ調整 あっさり加工のアニーとクララベル
汚し塗装はひとまず中断し、ケーディカプラーの#16を接着固定しました。 この#16は長さがある分先端が重みで下がっているので、プラ板のスペーサーを入れてなるべく水平になるように調整しました。
んで、もう組立て。 あえて今回はあっさり加工を目指しましたが、写真ではあんまし汚し塗装分かりませんね〜(´〜`;)

次はトーマスの改善を〜→ 人気ブログランキングへ

ブログ村鉄道模型の入り口→ にほんブログ村 鉄道ブログ 鉄道模型へ

posted by こども局長 at 00:29 | Comment(2) | TrackBack(0)
トーマスDC(Hornby) 1:76

2009年07月09日

トーマスにリアルさを

最近忙しくて、全く工作進んでいません(汗) この記事も少し前に記事にしようと放置していたものです。。。 最近「草」の記事が多かったのでちょっと違うものを〜♪
まずはMr.スーパークリアーUVカットを エナメル塗料でウォッシング塗装
Hornbyトーマスと、Bachmannアニーとクララベルの塗装です。
洗浄して十分乾燥させたら、Mr.スーパークリアーUVカットを塗布します。 インレタをつぶさないように最初は軽く噴きつけて様子を見ましたが、特に問題はなさそうでした。
次はエナメル塗料の「フラットブラック(XF-1)」でウォッシング塗装します。 ガンダムマーカーも使って泥汚れなんかも追加〜^^)V

3日に1つは記事を書きたいものです〜→ 人気ブログランキングへ

ブログ村鉄道模型の入り口→ にほんブログ村 鉄道ブログ 鉄道模型へ

posted by こども局長 at 23:49 | Comment(0) | TrackBack(0)
トーマスDC(Hornby) 1:76

2009年06月18日

新たな野望新カテゴリー

また、新カテゴリ作っちゃいました、、、
手持ちのHornby製トーマスとBachmannのアニーとクララベルを使って、HNモジュールで走らせるアナログDC車両を作るためです♪ 題して「トーマスDC(Hornby) 1:76」
ちゅーことで、モジュール用車両の仕様は〜
・アナログDC 2線式
・基本的にケーディカプラー
・細かなディテールよりもスローなどの走行性能アップ
 ↑だ、大丈夫かな〜^^;

アナログDC用のトーマス トーマスの台枠上を灰色塗装
まずはボディを分解して中性洗剤で洗浄したら、トーマスの台枠上を「灰色9号(97)」で筆塗りしました。 結構はみ出てちゃってます(汗)

初のケーディは16番を アニークララベルも16番で
カプラーはケーディの16番を〜♪ 少しプラ部分を削りましたがビスはそのままです。 アニーとクララベルにもケーディカプラーを装着します。 カプラーは同じ16番。 ちゅーか、数少ない手持ちの中ではこれしか合いません… 台座を削って台枠に接着すね〜。

うまくいくかな〜^^→ 人気ブログランキングへ

ブログ村鉄道模型の入り口→ にほんブログ村 鉄道ブログ 鉄道模型へ

posted by こども局長 at 00:50 | Comment(0) | TrackBack(0)
トーマスDC(Hornby) 1:76